α-マンノシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PyMOLを使って描いた化膿レンサ球菌のGH38ファミリーα-マンノシダーゼ[1][2]
α-マンノシダーゼ
識別子
EC番号 3.2.1.24
CAS登録番号 9025-42-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

α-マンノシダーゼ(alpha-Mannosidase、EC 3.2.1.24)は、α型のマンノース加水分解する酵素である。系統名は、α-D-マンノシド マンノヒドロラーゼ(alpha-D-mannoside mannohydrolase)である[3][4]

アイソザイム[編集]

ヒトは、以下の3つのアイソザイムを発現する。

mannosidase, alpha, class 2B, member 1
識別子
略号 MAN2B1
遺伝子コード MANB
Entrez 4125
HUGO 6826
OMIM 609458
RefSeq NM_000528
UniProt O00754
他のデータ
EC番号 3.2.1.24
遺伝子座 Chr. 19 cen-q13.1
mannosidase, alpha, class 2B, member 2
識別子
略号 MAN2B2
遺伝子コード KIAA0935
Entrez 23324
HUGO 29623
RefSeq NM_015274
UniProt Q9Y2E5
他のデータ
EC番号 3.2.1.24
遺伝子座 Chr. 4 p16.2
mannosidase, alpha, class 2C, member 1
識別子
略号 MAN2C1
遺伝子コード MANA1, MANA
Entrez 4123
HUGO 6827
OMIM 154580
RefSeq NM_006715
UniProt Q9NTJ4
他のデータ
EC番号 3.2.1.24
遺伝子座 Chr. 15 q11-qter

応用[編集]

ワクチンの開発に用いられる組換えタンパク質等の特殊な分子に対して、マンノースの有無が与える効果を研究するために用いられる[5]

病理[編集]

欠損は、α-マンノシドーシスを引き起こす[6]

出典[編集]

  1. ^ PyMol”. Schrodinger. 2011年9月14日閲覧。
  2. ^ Suits, MDL; Yanping Zhu, Edward J. Taylor, Julia Walton, David L. Zechel, Harry J. Gilbert, Gideon J. Davies (3). “Structure and Kinetic Investigation of Streptococcus pyogenes Family GH38 α-Mannosidase”. PLoS ONE 5 (2). http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0009006 2011年9月14日閲覧。. 
  3. ^ Li, Y.-T. (1966). “Presence of α-D-mannosidic linkage in glycoproteins. Liberation of D-mannose from various glycoproteins by α-mannosidase isolated from jack bean meal”. J. Biol. Chem. 241: 1010–1012. PMID 5905120. 
  4. ^ Winchester, B. (1984). “Role of α-D-mannosidases in the biosynthesis and catabolism of glycoproteins”. Biochem. Soc. Trans. 12: 522–524. PMID 6428944. 
  5. ^ Vlahopoulos S, Gritzapis AD, Perez SA, Cacoullos N, Papamichail M, Baxevanis CN (2009). “Mannose addition by yeast Pichia Pastoris on recombinant HER-2 protein inhibits recognition by the monoclonal antibody herceptin.”. Vaccine 27 (34): 4704–8. doi:10.1016/j.vaccine.2009.05.063. PMID 19520203. 
  6. ^ Malm D, Nilssen Ø (2008). “Alpha-mannosidosis.”. Orphanet J Rare Dis 3: 21. doi:10.1186/1750-1172-3-21. PMC 2515294. PMID 18651971. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2515294. 

外部リンク[編集]