PyMOL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PyMOL
PyMOLを用いた描画の例。G-アクチン。ADPとカチオンが強調表示されている
開発元 DeLano Scientific LLC
最新版 1.0rev1 / 2007年7月31日
プラットフォーム Linux, Mac OS X, Windows
種別 分子モデリング
ライセンス オープンソース / ユーザによる支援
公式サイト www.pymol.org
テンプレートを表示

PyMOL(ピモールまたはパイモル)はオープンソースの分子グラフィックスツールである。ウォーレン・デラノにより開発され、個人経営のソフトフェア会社であるデラノ・サイエンティフィック (DeLano Scientific LLC) によって営利化された。小さな分子に加えてタンパク質など生体高分子の3Dイメージを作成できる。

構造生物学の分野ではオープンソースで利用できる数少ないソフトフェアのうちの1つである。名称の一部 Py は記述言語であるPythonに因む。

フリーでないバイナリ[編集]

2006年8月1日、デラノ・サイエンティフィックはコンパイル済みのPyMOL製品(ベータ版を含む)のダウンロードシステムにアクセス制限を設けた。今後、すぐに実行可能な状態でPyMOLを得られるのは、対価を支払った者のみに限られる。コンパイル済みのバージョンのうち以前のバージョン、およびソースコードは引き続き無料で配布されている。

外部リンク[編集]