ウレアーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘリコバクター・ピロリのウレアーゼ(Protein Data Bank 1E9Z より)

ウレアーゼ (urease; EC 3.5.1.5) は尿素加水分解により二酸化炭素アンモニアに分解する酵素

反応:

(NH2)2CO + H2O → CO2 + 2 NH3

1926年ジェームズ・サムナーナタマメのウレアーゼをタンパク質としては初めて結晶化することに成功し、酵素の主成分がタンパク質であることが明らかになった。その後、ウレアーゼは活性中心にニッケルを含む酵素であることが判明し、現在では完全な結晶構造も明らかになっている。

胃潰瘍の原因菌として知られるヘリコバクター・ピロリは本酵素を発現してアンモニアを産生し、局所的に胃酸中和することで胃内での生息が可能となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]