カリクレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリクレイン(キニノゲニンキニノゲナーゼとも、kallikrein、EC 3.4.21.34・EC 3.4.21.35)は血圧降下に関するタンパク質分解酵素の一種。血漿カリクレインと腺性カリクレインの二つに分類される。タンパク質としてはセリンプロテアーゼエンドプロテアーゼに分類される。

キニノーゲンのペプチド結合を加水分解し、キニン(ブラジキニンないしカリジン)を作り出す。これらキニンは血圧を下げるオータコイドである。血漿カリクレインは血液凝固第XIIa因子(ハーゲマン因子)により活性化され、アナフィラキシーショックの血圧降下に関係しているといわれている。腺性カリクレインは薬品として用いられている。

ヒトカリクレインの遺伝子第10染色体のp13.4にあるKLKで、酵素ファミリーを形成している。

関連項目[編集]