光背

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不動明王の火焔光背(高野山奥の院

光背(こうはい)とは、仏像仏画をはじめキリスト教の聖人などで体から発せられる後光をあらわしたものである。

光背は、頭光(ずこう)と身光(しんこう)に分けることができ、頭光と身光をあわせ体全体を覆うものを挙身光(きょうしんこう)という。通常、頭光または挙身光が用いられる。光背には、化仏が表されることがある。

これらの後光は、仏教に限らずキリスト教の聖人図画などにも見受けられ、宗教全体で普遍的なものであると考えられており、仏教以前のゾロアスター教ミスラ神の頭部にはすでに放射状の光が表現されている。

光背には、頭部にあるものを頭光(ずこう)、身体にあるものを身光(しんこう)の2つがあり、これを合わせたものを二重光背という。

光背の形状の分類として、光を輪であらわした円光、光を二重の輪で表した二重円光、またそれら円光から線が放たれている放射光、蓮華の花びらを表した舟形光唐草光、宝珠の形をした宝珠光飛天が配せられているものを飛天光、不動明王などのように炎を表した火焔光などがある。

関連項目[編集]