ロック鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンドバッドを壊すロック鳥。巨大なのようながシンドバッドの船にを落としている。

ロック鳥(ロックちょう、: رخ‎、rokh、ruc[1])は、中東・インド洋地域の伝説に登場する巨大な白いを持ち去って食べてしまうくらい大きく力が強いとされる。ルフとも呼ばれる。

伝説[編集]

伝説の起源は不明だが、8世紀初期にアラブ人が書いたものを参照すると実在する鳥が元になった可能性はあり、マルコ・ポーロ口述とされる『東方見聞録』にマダガスカルにいたとの記述されることから、同島に生息していた象のように巨大な鳥エピオルニスを始めとする、近世までに絶滅してしまった大型の鳥類などが誇張されたと考えられる。一番新しいものでは、16世紀インド洋を訪れたイギリス人旅行者が目撃したという報告もある。

ロック鳥の伝説はヨーロッパでは千夜一夜物語の中のシンドバッドの話で有名であり、イスラム世界アジアでは広く伝わっていた。

のちの時代マルコ・ポーロの口述とされる『東方見聞録』のマダガスカルに関する記述の中に、現地人がルク(ruc)と呼ぶ大きな鳥が登場する[2]。彼はこれをグリフォンであるとし[3][4] [5] [6]その羽はハーンに届けられたという。また巨大な羽のかけらが中国から来た商人によってスペインにも持ち込まれている。その住処をマダガスカルで探そうとしたところ、ロック鳥の羽としてもたらされたものに姿形が非常によく似たラフィアヤシの巨大な葉があったという。また、アラブの旅行家イブン=バットゥータ旅行記[7]にもその記述がある。

ロック鳥はアラブ人の言うフェニックスとほとんど同じものである。またペルシャの伝説に登場する巨鳥シームルグとも近縁のものである。シームルグはフェルドウスィーの叙事詩『王書[8]』の中では英雄ザール の養父であり、彼の子・ロスタムを援助したりしている。

古代イランまでさかのぼると、万物の種を生むという神話上の木から熟した果実を振り落としたという不死鳥アムルゼス (amrzs) の伝説を見つけだすことができる。インドには鳥の王であり、ヴィシュヌ神が乗るガルダの伝説がある。パーレビ王朝時代のこのインドの伝説の翻訳ではガルダがシームルグに置き換えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 東方見聞録
  2. ^ 『東方見聞録2』愛宕訳、p.322
  3. ^ Wikisource reference Marco Polo. Le_Devisement_du_monde_(français_moderne)/Livre_3/Chapitre_40. - ウィキソース.  フランス語: Le Devisement du monde 3巻40章D’un très grand oiseau nommé ruc.
  4. ^ Wikisource reference Marco Polo. Le_Devisement_du_monde_-_Livre_3_-_33_à_42. - ウィキソース.  フランス語: Le Devisement du monde (français moderne) 3巻33章D’un grand oyseau, appellé Ruc.
  5. ^ Wikisource reference Marco Polo. Milione/186. - ウィキソース.  イタリア語: Milione 86章DDell'isola di Madegascar
  6. ^ Wikisource reference Marco Polo. The_Travels_of_Marco_Polo/Book_3/Chapter_33. - ウィキソース.  英語: The Travels of Marco Polo 3巻33章Concerning the Island of Madeigascar
  7. ^ Wikisource reference ابن بطوطة. تحفة النظار في غرائب الأمصار وعجائب الأسفار. - ウィキソース. 
  8. ^ Wikisource reference آخر تغيير. شاهنامه. - ウィキソース. 

参考文献[編集]

  • マルコ・ポーロ 『東方見聞録2』愛宕松男訳注、<平凡社ライブラリー>、平凡社、2000年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]