シャー・ナーメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャー・ナーメ

シャー・ナーメ』 (ペルシャ語: شاهنامه‎、 Šāh nāmah)とは、叙事詩人フェルドウスィーペルシア語で作詩したイラン最大の民族叙事詩。約6万対句にも及ぶ大作である。『王書』とも訳される。

概要[編集]

サーマーン朝支配のペルシアの詩人フェルドウスィーが980年頃より作詩に着手したといわれ、30年以上の年月をかけて1010年に完成した[注釈 1]。フェルドウスィーは当初、サーマーン朝の君主に作品を献呈するつもりであったが、999年に同朝は滅んでしまったため、ガズナ朝マフムードに捧げることとなった[1]

その内容は、古代ペルシア神話伝説歴史の集大成であり、最初の王カユーマルスからサーサーン朝滅亡に至る4王朝歴代50人のの治世が述べられている。特に聖王ジャムシードアヴェスターのイマ王)や、暴君ザッハーク(アヴェスターのアジ・ダハーカ)、霊鳥シームルグ英雄ロスタムとその息子ソホラーブの悲劇などはよく知られている。イランにおいては、きわめて人口に膾炙した国民的な叙事詩であり、多くの写本がつくられた。

ただし、イランがイスラム化された以後に作詩された叙事詩なので、ゾロアスター教やそれ以前に由来する神話に関しては、一神教の教義に抵触しないような改変がなされている。

なお、概ねサーサーン朝の版図に相当する伝統的イランの地は、イスラーム以前には「イーラーン」ないし「イーラーンシャフル」と呼ばれていた[2][注釈 2]。「イーラーンシャフル」の語は、イスラーム期にはいると文献からほとんど姿を消してしまったが『シャー・ナーメ』においては例外的に使われている[2]

後代への影響としては、11世紀セルジューク朝に仕えたイラン人宰相ニザームルムルク(ニザーム・アルムルク)が、自著の『統治の書』(スィヤーサト・ナーメ)において、模範的君主として『シャー・ナーメ』に収載された伝説上の英雄も取り上げて統治の要諦を説き、その一方で、トルコ人王朝であるセルジューク朝の由来を『シャー・ナーメ』に登場するアフラースィヤーブにまでさかのぼると説明していることが挙げられる[3]。文人としても名高いイラン人ニザームルムルクにとって『シャー・ナーメ』はそれだけ身近な作品であっただけでなく、イラン的世界とトルコ的世界とを結びつけようという彼の意図をそこに看取することができるのである[3]

また、12世紀ルーム・セルジューク朝に仕えた歴史家ラーヴァンディーの『胸襟の安らぎ(胸の安らぎと喜びの証し)』は、セルジューク朝関係資料のひとつとして知られるが、アラビア語警句ハディース(ムハンマドの言行録)、『クルアーン』の引用のほか、『シャー・ナーメ』が引用されている[4]

サファヴィー朝の時代においては、タフマースブ工房で名匠たちによって共同で描かれた、16世紀の『シャー・ナーメ』の挿絵 (「シャー・タフマースプの偉大なるシャー・ナーメフランス語版」)が特に有名で、250以上もの極彩色のミニアチュールを含む巨大な写本であり、写本芸術の最高峰とされる[5]

レザー・パフラヴィー(レザー・シャー)の登場した20世紀前半のイラン・ナショナリズムの潮流にあっては、『シャー・ナーメ』は国民的叙事詩、作者フェルドウスィーは国民的詩人として顕彰された[6]1934年には、日本を含む17か国から著名な東洋学者40人を招いて「フェルドウスィー生誕1000年祭」がひらかれている[6]。また、『シャー・ナーメ』のなかの一節「知は力なり」はイランの教育標語に指定され、以後、パフラヴィー朝支配の約半世紀にわたって教育現場や教育行政においてあらゆる機会に用いられてきた[6]

邦訳[編集]

  • 『王書(シャー・ナーメ) ―ペルシア英雄叙事詩』黒柳恒男訳、平凡社東洋文庫150(1969年)ISBN 978-4582801507
  • 『王書 ―古代ペルシアの神話・伝説』岡田恵美子訳、岩波文庫(1999年)ISBN 978-4003278611
  • 『タバリーによるシャーナーメ:古代ペルシャ諸王の歴史ものがたり』上下巻(2014年)、岡島稔・座喜純:共訳・解説、アマゾン・キンドル版

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サーマーン朝のもとでは、フェルドゥスィーのみならず、預言者ムハンマドの最良の『ハディース(言行録)』を編纂したブハーリー、アヴィケンナの名で知られる哲学者・科学者のイブン・スィーナー、歴史家タバリーなど、当時のイスラム文明を代表する知識人が輩出した。永田(2002)p.10
  2. ^ 「イーラーンシャフル」の範囲はだいたい、東はアム川、西はメソポタミア、北はカスピ海の南岸にかけてであり、現在のイランの国土よりも相当広い。清水(2002)p.60

参照[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]