カユーマルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カユーマルス(کیومرث)は、フェルドウスィー叙事詩シャー・ナーメ』におけるペルシア初代の王である。ゾロアスター教聖典アヴェスター』に登場するガヨー・マラタンパフラヴィー語文献における原初の人間ガヨーマルト)が、そのモデルとなっている。

カユーマルスは物語の最初に登場する。ペルシアに文化をもたらし、邪神アフリーマンと戦う。の皮の服を着ており、あらゆる人間や動物が彼に祈りを捧げていた。アフリーマンの息子に愛息スィヤーマクを殺されるが、その息子フーシャングが敵討ちを遂げるのを見届け、カユーマルスは30年の在位を終えて没する。