ラシュヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラシュヌ(Rashnu)は、ゾロアスター教に伝わるヤザタの一柱。ミスラの従で、スラオシャ同様、暴力の悪神アエーシュマと敵対する。

概要[編集]

正義を司り、両神と共に死者判決を下す三神の一柱とされる。[1]名前は「厳格な公平」を意味する。天国に通じる橋(審判の橋)を守るヤザタでもあり、ラシュヌは3日間黄金天秤で公平に死者の魂の価値を精査する。その間死者は自分の死体のまわりでさまよっている。[2] また、その橋によって「歌の館」に行けないと裁かれた魂は、「不義の館」へと引きずり落とされる。[3]

あるいは、さまよった後、魂は審判の場である「頌歌の家」に行き、ラシュヌら3神によって秤にかけられる。善行が重きなら天国へ召されて、悪行が重きなら地獄に落とされる。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『『ゾロアスター教の悪魔払い』』 岡田明憲平河出版社、1984年9月。ISBN 978-4-89203-082-6 p.27
  2. ^ 『『図説天使悪魔辞典』』 天使悪魔ドットコム著 Tomoeイラスト、幻冬舎コミックス、2009年8月。ISBN 978-4-344-81699-2
  3. ^ 『知っておきたい天使・聖獣と悪魔・魔獣』 荒木正純監修、西東社、2007年7月。ISBN 978-4-7916-1489-9
  4. ^ 『堕天使―悪魔たちのプロフィール (Truth In Fantasy)』 真野 隆也 シブヤ ユウジ/画、新紀元社、1995年7月。ISBN 978-4-88317-256-6

関連項目[編集]