スラオシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スラオシャ(Sraosha)は、ゾロアスター教の下級の神もしくは天使階級にあたるヤザタの1人。アムシャ・スプンタの1人とみなされることもある[1]。その名は「聞くこと」を意味し、「聴取」と「従順」を守護する[2]。Srosh、Sirushi、Seroshともつづられる[1]

スラオシャはアンラ・マンユの手先によって苦しめられる人々の叫びを聞く、アフラ・マズダーの耳とみなされていた。スラオシャは怒りと暴力の悪魔アエーシュマを敵とし、太陽が沈んだ後に地上に降りてこれと戦うという[3]

ゾロアスター教の伝承では、スラオシャは全ての死者の魂が渡らなければならない「判決の橋」の3人の守護者の1人である。スラオシャはミスララシュヌと共に裁きを下す3人の神性の1人であるが、3人の中でただ1人だけ橋を渡ろうとする魂の旅路に付き添う。

本来ペルシャ神話においては主神のための耳としての役割を持ち、その特性はゾロアスター教に取り入れられた後も引き継がれた。

イスラム教ペルシアを征服しゾロアスター教に取って代わった後も、スラオシャはアッラーフの使者スルシュ(Surush)としてその名を残している[2]。スルシュは時としてジブリールと同一視される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ディヴィッドスン 2004, p. 154
  2. ^ a b コッテル 1993, p. 51
  3. ^ コッテル 1993, p. 52

参考文献[編集]