ニザームルムルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニザームルムルク像(マシュハド
ニザームルムルクの暗殺(『集史』)
全盛期(1092年ころ)のセルジューク朝支配地域

ニザームルムルクまたはニザーム・アル・ムルク(نظام الملك، ابو علي الحسن الطوسي, Nizam al-Mulk Abu Ali al-Hasan at-Tusi、1017年 - 1092年)は、セルジューク朝の政治家、学者。君主マリク・シャーを支えてセルジューク朝全盛期を現出したイラン人宰相である。

生涯[編集]

ホラーサーン地方の都市トゥース近くの町で、地主の息子として生まれた(生年には1018年説もある)。本名は、ハサン・ブン・アリー・アル・トゥースィー[1]。ニザーム・アル・ムルクとは「王国の秩序」の意味で、君主よりあたえられた称号であった。はじめはガズナ朝に仕えたが、1040年ダンダーナカーンの戦い英語版セルジューク朝に敗れ、ガズナ朝はセルジューク朝に臣従していた。

セルジューク朝第2代スルタンのアルプ・アルスラーンや第3代スルタンのマリク・シャー1世に傅役(アタベク[2]として、また宰相として仕え、彼らをよく補佐した。ニザームは政治手腕に優れ、行政組織や軍隊イクター制の整備をおこない、宗教政策や教育政策に尽力した。特に1067年には彼の名にちなんで、バグダードニザーミーヤ学院を設立した[3]。また、宰相とはいえ、実際に軍を率いて遠征に参加することもあった。イラン南部やアルメニアにも遠征しており、1071年東ローマ帝国とのマラズギルトの戦い(マンツィケルトの戦い)にもアルプ・アルスラーンの軍に参加している。

1072年に即位したマリク・シャー1世は、1074年、王都(ダール・アル・ムルク)をエスファハーンに定め、同年天文台を建設し、さらにウマル・ハイヤームに命じてジャラーリー暦という新暦(太陽暦)をつくらせた。1086年から1087年にかけてはマリク・シャーとニザームによって金曜モスクドームが建てられた。これは、高さ20メートル、直径10メートルで、当時のイスラーム世界最大規模のドームであった。

こうしてセルジューク朝はマリクとニザームの両人体制がうまく機能したこともあって、遊牧国家の面影をのこす国から整備された帝国となり、2人が相次いで死去する1092年ころには最大版図を実現した。

ニザームは、政治家としてだけではなく、文化人としても一級であり、『政治の書』(スィヤーサト・ナーメ)[4]を記している。

しかし1092年、マリクの妃テルケン・ハトゥンペルシア語版に些細なことから恨みを買って暗殺されてしまった。マリク・シャーの後継者として、ニザームはマリク・シャーの長男バルキヤールクを推したが、妃は自分の実子であるマフムードを推した(バルキヤールクとマフムードは異母兄弟)。この問題では、ニザームを敵対視していた大臣タージ・ウル・ムルクが妃側につくなど、宮廷内に対立を引き起こした。一説によればこれはシーア派過激派のニザール派暗殺教団)によるもので、彼がスンナ派の権威回復に努めシーア派を弾圧したことへの報復ともいわれる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「トゥース出身の、アリーの息子ハサン」という意味となる。
  2. ^ アタベク(アター・ベク)はセルジューク朝に始まる独特の制度で、スルタンの子弟が幼少のおり、寝食をともにして1対1で教育や後見にあたる養育制度。清水(1995)p.127-128
  3. ^ ニザーミーヤ学院は、バグダードのほかニーシャープールやエスファハーン、レイなどにも建てられた。
  4. ^ 『統治の書』とも。君主に統治理念を説いたものであるが、ペルシャ語散文学の傑作としても名高い。清水(1995)p.126

参考文献[編集]

関連項目[編集]