ザール (シャー・ナーメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザール(Zal、ペルシア語:زال )は、ペルシアの叙事詩『シャー・ナーメ』に登場する英雄。生まれたときから白髪だったので、「ザール・ザル」(白髪のザール)と呼ばれる。ただし、は黒であったので、アルビノというわけではないようである。名門であるナリマーン家の出身で、父親はサーム。霊鳥シームルグによって扶養されたため、英雄の血を引きながらも、魔の系譜にも属する。なお、彼の息子のロスタムはペルシア最大の英雄である。

略歴[編集]

生まれて間もない頃、ザールの白髪を恥じた父・サームによってエルブルス山に捨てられる。しかし、ザールを哀れんだ霊鳥シームルグによってダスターン・エ・ザンド(大いなる策略)と名づけられ、立派な青年へと成長する。やがて、自身の行いを悔いたサームは、再びザールに会いにやってくる。このとき、サームは息子にザール・エ・ザル(白髪のザール)の名前を与え、以後、ザールのどんな願いも聞き届けることを誓う。

ザールはカブールを訪れた時、ルーダーベ姫に恋をする。ルーダーベ姫は蛇王ザッハーク曾孫にあたる人物であったため、周囲の反対と試練を乗り越えなければならないことになる。ザールは司教らを論破し、また武芸を披露する。特に反対していたサームについてはザールを迎える際、「ザールのどんな願いも聞き届ける」と誓ったこと、またマヌーチェフル王もサームの説得と、ザールとルーダーベ姫の間に生まれる子供がイランを幾度も救う英雄となるという占いを聞き、最終的にはザールの結婚に賛成することになった。

やがて、ザールの妻・ルーダーベは懐妊するが、胎児が成長しすぎていたため、ひどい難産で母子ともに危険な状況となった。ザールは、育ての親である霊鳥・シームルグに助けを呼んだ。これに対しシームルグは、母親を酒で酩酊させ腹を切り、赤子を取り出した後に自分が教える霊薬を傷口に塗るべしとの助言を与える。これがペルシア初の帝王切開であった。のち、ロスタムと名づけられた赤子は大英雄と成長していくことになる。

この後、ザールは息子であるロスタムを助けたりする役回りでも活躍する。しかし、ザールの晩年は決して幸福なものではなかった。女奴隷に生ませた子で、ロスタムの弟に当たるシャガードが最愛の息子、ロスタムを殺害してしまったことから、妻・ルーダーベは乱心してしまう。また、イランの国王が代替わりし、かつてロスタムが争って殺したイスファーンディヤールの遺児、バウフマンが即位すると、ザールは捕らえられ、孫のファラーマーズは殺害されることとなる。

こうして、「ザール・ロスタム」の英雄の時代は終わると、『王書』は歴史の時代、すなわちササン朝歴代の王の記録に移って行く。

外部リンク[編集]