トヨタ・セリカXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セリカXX(セリカ ダブルエックス)はかつてトヨタ自動車が製造・販売していたクーペである。 6気筒車日産・フェアレディZの成功に刺激された北米ディーラーの要望により、4気筒車セリカの上級車種として6気筒エンジンを搭載することを主眼に開発された。その経緯からスポーツカーとして認知されるフェアレディZと対比されるが、本車は歴代を通じGTカーとしてカテゴリ分けされることが多く、フェアレディZとの対比はカテゴリを越えたものであることに留意すべきである。

歴史[編集]

初代 A40/50型(1978年-1981年)[編集]

トヨタ・セリカXX(初代)
A40/50型
フロント
1979 Toyota Celica XX 2000G.jpg
リア
1979 Toyota Celica XX 2000G rear.jpg
販売期間 1978年 - 1981年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアファストバック
エンジン 直列6気筒 2.8/2.6/2.0L
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FR
サスペンション F:マクファーソンストラットコイル
R:4リンクリジッドコイル
全長 4,600mm
全幅 1,650mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,630mm
車両重量 1,180kg
ブレーキ 4輪ディスク
データモデル 2600G 5MT(前期、A40型)
-自動車のスペック表-

1977年東京モーターショーに参考出品。セリカの上級車種として翌1978年登場。A40型セリカ(4気筒モデル)のフロントノーズを延長し、M型6気筒エンジンを搭載。ラグジュアリーな雰囲気を持った高級スペシャルティカーという設定で、4灯角型ヘッドランプやカラードウレタンバンパー、ガラス調のリアガーニッシュやBピラーフィニッシャー、七宝調エンブレムを装備し、後の初代ソアラやマークII3兄弟(マークII/チェイサー/クレスタ)などに代表されるトヨタハイソカーブームへ続くえんじ色の内装など、装飾による高級感の演出の元祖であり、その4年後に登場する初代ソアラの源流にもなった車種である。当時のアメリカではXの連記が映画の成人指定度合いを示すため、北米を含めた全ての輸出車はXの連記を避けスープラと命名し発売され、このことによって「セリカXX」は日本国内専用の車名となった。エンジンは直列6気筒 2.0L SOHC (M-EU) と2.6L SOHC (4M-EU) が搭載された。フロントグリルの造型に Toyota のTをあしらい、同じモチーフを用いた同社最高級スポーツカー2000GTを彷彿させた。日本国内のCMキャラクターにはリック・ジェイソンが起用された。

前期 A40型
グレードは2.0L車 (MA45) が下位から L、S、G の3種、2.6L車 (MA46) が下位から S、G の2種が用意された。
トヨタ・クラウンとともにトヨタ車初の4速ATが搭載された。オーバードライブ設定スイッチはダッシュボードに装備された。1990年代から主流となったオーバードライブ解除スイッチとはインジケーターの点灯ロジックが逆で、設定スイッチをONにすると緑のインジケータが点灯しオーバードライブ段への自動変速が有効になった。
メーカーオプションとしてスライディングサンルーフが用意されたが、開閉は車内の上部に装備した折りたたみ式ハンドル回転による手動式であった。
ステアリングホイールのスポーク裏にもホーンボタンが装備されていた。
後期 A50型
1980年8月にマイナーチェンジ。このマイナーチェンジ車はわずか7ヶ月しか販売されていない。
リアサスペンションが4リンク/コイルスプリングリジッドアクスル式からセミトレーリングアーム/コイルスプリングの独立懸架式に変更された。
3ナンバー車は 4M-EU に代わり 5M-EU 2.8Lエンジンが搭載された。
センターコンソールを形状変更し、日本製乗用車において普及の堵にあったDIN規格のオーディオスペースが、2段新設された。
年表
  • 1978年4月- 発売。この車から現在のTOYOTAロゴが使われ始める。
  • 1980年8月- 後期型登場。
  • 1981年7月- 2代目にバトンタッチ。


2代目 A60型(1981年-1986年)[編集]

トヨタ・セリカXX(2代目)
A60型
前期型 2800GT
Toyota-CelicaXX2800GT.JPG
販売期間 1981年 - 1986年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドアファストバック
エンジン 直列6気筒 2.8/2.0L
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FR
サスペンション F:マクファーソンストラットコイル
R:セミトレーリングアームコイル
全長 4,600mm
全幅 1,690mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,615mm
車両重量 1,270kg
ブレーキ 4輪ディスク
データモデル 2800GT 5MT(後期型)
後継 トヨタ・スープラ(日本国内)
-自動車のスペック表-

1981年7月登場。初代がラグジュアリー志向の高級スペシャルティカーであったのに対し、初代のコンセプトを先に発売されたソアラが引き継いでいたため、2代目は一転してスポーティー路線へと変更された。CMでもロータスの創始者であるコーリン・チャップマンを起用しカタログでも走行性能の高さを前面にアピールしていたが、当時あった「足回りのセッティングをロータスが担当した」という話は誤りである[1]。外観は直線を主体としたシャープな造形のボディーと空力を意識したリトラクタブルヘッドライトによるシンプルな顔立ちへと変貌を遂げた。CD値0.35とソアラよりも優れた空力特性と前面投影面積の小ささで日本車としては久々となる200Km/hオーバーを記録した (2800GT)。スポーティーに振ったキャラクターではあったが装備は充実しており、カローラ店での高級車の役割も担っていた。クルーズコンピューター(ガソリン満タン時からの走行可能距離、燃料消費量、目的地までの到着予定時刻などをコンピューターが自動演算し表示するドライブ情報表示システム)、ソアラに初採用されたデジタルメーター(2800GTに標準、2000Gにオプション)、オートドライブ、スピードアラーム(オートドライブとの併設は不可)、電子チューナーAM/FMラジオカセットオーディオ(オプション)とウーファー1個、ツイーター2個、スピーカー2個の5スピーカの凝ったオーディオシステムが装備されていた。中でも注目の装備は、目的地の方角を入力するとその方角を指示し、目的地までの距離をコンピューターが算出する「クルーズナビコン」が2800GTにオプション設定された(クルーズコンピューター、電動式サンルーフとの併設は不可)。エンジ色の内装設定も引き続き採用され、サンルーフは初代の手動式から電動式に改められた。

自ら所有していた福野礼一郎は「セリカのノーズに強引にソアラ(2代目まで国内専用車だった)用エンジン載っけてアメリカ人ダマして売ろうと考えたインチキでっち上げスポーツカーもどき」と評している[2]。後にOption誌でターボチューンが施された。

前期型
1981年7月発売。エンジンは2800GTにソアラで初採用された直列6気筒 2.8L DOHC (5M-GEU) と2000L、S、Gにクレスタで初採用された2.0L SOHC (1G-EU)を搭載。
1982年2月 2.0L SOHC ターボ (M-TEU) を搭載するターボS/Gを追加
1982年8月 6気筒 2.0L DOHC 24バルブ (1G-GEU) を搭載する2000GTを追加。(2000GTにオプションで195/60R15サイズの60扁平タイヤが用意された)
上級モデルにはデジタルメーターが採用された。(2800GTに標準、2000G、2000Gターボ、2000GTにオプション設定)
後期型
1983年8月 マイナーチェンジ。外観の変更はバンパーの形状変更、テールレンズのデザイン変更、テールゲート及びリヤバンパーのボディー同色化、ドアミラーの標準化。最廉価グレードのLは廃止。5M-GEUは圧縮比アップにより175ps/5,600rpm、24.5kgm/4,400rpmに向上。
1986年販売終了。後継車はスープラ


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『自動車ロン』p.194。
  2. ^ 『自動車ロン』p.195。

参考文献[編集]

  • 福野礼一郎『自動車ロン』双葉文庫 ISBN4-575-71308-2