ジョルジュ・デュビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・デュビー(Georges Duby, 1919年10月7日―1996年12月3日)は、フランスの歴史家。 パリ生まれ。中世の経済、社会史の専門家で、大きな影響を与えた。職人の家に生まれ、1942年リヨン大学卒、52年ソルボンヌ大学で博士号。ブザンソンで教え、エクスアンプロヴァンス大学をへて、1970年コレージュ・ド・フランスの歴史学主任教授となる。91年引退。87年フランス学士院会員。

心性史、女性史などで日本でも多くの翻訳がある。

邦訳[編集]

参考[編集]

  • 英語版ウィキペディア