ジャック・ル・ゴフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック・ル・ゴフJacques Le Goff, 1924年1月1日 - 2014年4月1日)は、現代フランスを代表するアナール学派の中世史家。

経歴[編集]

1924年、南フランスのトゥーロン生まれ。パリの高等師範学校に入学し、プラハカレル大学イギリスオックスフォード大学リンカン・カレッジ、ローマのフランス学院へ留学。1950年、高等教育教授資格試験に合格し、このとき、フェルナン・ブローデルモリス・ロンバールが審査委員を務め、これがアナール派の歴史家たちとの最初の出会いであった。1954年、リール大学文学部助手。1959年、アナール派が中心となって組織されていた高等研究院第六部門に入り、以後、リュシアン・フェーヴルマルク・ブロック、フェルナン・ブローデルらのあとを受け、アナール派第三世代のリーダーとして活躍した。

1969年、ブローデルのあとを受けて、エマニュエル・ル・ロワ・ラデュリマルク・フェローとともに『アナール』誌の編集責任者。1972年、ブローデルの後任として第六部門部長。1975年、高等研究院第六部門をパリ社会科学高等研究院として独立させることに指導的な役割を果たした。1992年に退官した後も、精力的に執筆活動を続けている。

1977年に来日し講演・講義したことがきっかけで、アナール学派の邦訳紹介が本格化した。

2014年4月1日に死去[1]。90歳没。

著書(邦訳)[編集]

  • 『中世の知識人』 柏木英彦・三上朝造訳、岩波新書 1977 - 来日時の講演集
  • 『煉獄の誕生』 渡辺香根夫・内田洋訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1988
  • 『中世の高利貸』 渡辺香根夫訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1989
  • 『中世の夢』 池上俊一訳、名古屋大学出版会 1992
  • 『歴史・文化・表象 アナール派と歴史人類学』(編著) 二宮宏之編訳、岩波書店 1992、新版 1999
  • 『「ヨーロッパと中世・近代世界」の歴史 その誕生と老齢化』 酒井昌美訳、多賀出版 1997
  • 『歴史と記憶』 立川孝一訳、叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1999
  • 『中世の人間 ヨーロッパ人の精神構造と創造力』(編著) 鎌田博夫訳 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1999
  • 『ル・ゴフ自伝 歴史家の生活』 鎌田博夫訳 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 2000
  • 聖王ルイ』 岡崎敦、森本英夫、堀田郷弘訳、新評論 2001 - 大著
  • 『世界で一番美しい愛の歴史』(編著) 小倉孝誠、後平隆、後平澪子訳、藤原書店 2004
  • 『中世とは何か』 池田健二・菅沼潤訳、藤原書店 2005
  • 『中世の身体』 池田健二・菅沼潤訳、藤原書店 2006
  • 『もうひとつの中世のために 西洋における時間、労働、そして文化』 加納修訳、白水社 2006 - 大著
  • 『「絵解き」ヨーロッパ中世の夢 イマジネール』 樺山紘一監修、橘明美訳、原書房 2007 - 図版多数
  • 『中世西欧文明』 桐村泰次訳、論創社 2007 - 大著
  • 『子どもたちに語るヨーロッパ、子どもたちに語る中世』 前田耕作監訳・川崎万里訳、ちくま学芸文庫、2009.9
  • アッシジの聖フランチェスコ』 池上俊一・梶原洋一訳、岩波書店、2010.7
  • 『フランス文化史』(共著) 桐村泰次訳 論創社、2012.8 - 大著で共著者は他3名の歴史家


脚注[編集]