ピエール・ノラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ノラ

ピエール・ノラ(Pierre Nora、1931年11月17日 - )は、フランスの歴史学者。論文集『記憶の場』(仏版全7巻)の編者として有名。

パリ生まれ。リセ・ルイ=ル=グランで学ぶ。アルジェリアでの教師生活を経て、1965年から1977年までパリ政治学院、1977年からは社会科学高等研究院で教鞭を執っている。2001年、アカデミー・フランセーズ会員に選出される。

著作[編集]

  • Faire de l'histoire Gallimard, 1973.
  • Essais d'ego-histoire Gallimard, 1987.
  • Les Lieux de mémoire Gallimard, 1984-1992,
    • 『記憶の場: フランス国民意識の文化=社会史』全3巻、谷川稔監訳、岩波書店, 2002年-2003年