イギリス統治下のビルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イギリス統治下のビルマ(イギリスとうちかのビルマ)は、英緬戦争を発端に1824年から1948年までイギリス領インドの一州として続いた。その後分離した植民地を経て、最終的には独立国となった。

歴史[編集]

イギリス統治下のビルマ[編集]

第一次英緬戦争英語版1824年-1826年)におけるイギリスの勝利によって、アラカン(現ラカイン州)やテナセリム(現タニンダーリ管区)などいくつかの地域が併合された。1852年第二次英緬戦争英語版により下ビルマが併合された。併合された地域はイギリス領インドの一部となったが、この時点では州より格の低い行政区分であるminor province(首席弁務官により統治されるプロヴィンス)に過ぎなかった。1885年第三次英緬戦争英語版の後には上ビルマが併合された。1897年に、イギリス領インドの一州としてビルマ州the province of Burma)が創設され、他の州と同様、副総督により統治されることになった。この状態は1937年に終わり、以降はイギリス本国のビルマ省英語版インド・ビルマ大臣英語版Secretary of State for India and Burma)により、インドとは別個に支配されることになった。ビルマは時にスコットランドの植民地であったと揶揄されることがある。これは多くのスコットランド人がビルマの植民地支配に重要な役割を果たしたからである。例えばサー・ジェームス・ジョージ・スコット英語版イラワディ・フロティラ社英語版を挙げることができる。

独立[編集]

1943年ビルマ国1943年 - 1945年)として独立

イギリス統治下のビルマ[編集]

1945年、再び植民地となった。

独立[編集]

1948年、ビルマはビルマ連邦として独立をとげた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • Desai, Walter Sadgun (1968). History of the British Residency in Burma. London: Gregg International. ISBN 0576031526.
  • Harvey, Godfrey (1992). British Rule in Burma 1824–1942. London: Ams Pr. ISBN 0404548342.
  • Imperial Gazetteer of India vol. IV (1908), The Indian Empire, Administrative, Published under the authority of His Majesty's Secretary of State for India in Council, Oxford at the Clarendon Press. Pp. xxx, 1 map, 552.