ティーボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティーボー王,およそ1880年

ティーボー王(Thibaw Min[θìbɔ́ mɪ́ɴ],1859年1月1日1916年12月19日 在位1878年1885年)はコンバウン王朝の最後の国王[1]

略歴[編集]

在位中、第三次英緬戦争でイギリスに敗れてコンバウン王朝はイギリス領インド帝国に併合された。

1885年11月25日、彼とスパラヤット英語版王妃、4人の王女たち(長女・Hteiksu Myatpayagyi、次女・Hteiksu Myatpayalat、三女・Hteiksu Myatpaya、四女・Hteiksu Myatpayalay)は、わずかな付き人と共にボンベイの南にあるラトナギリ英語版に追放された[2]

1916年、ティーボー王はその地で死亡した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KONBAU19”. royalark.net. 2011年11月18日閲覧。
  2. ^ 後藤修身 (2009年12月17日). “ロイヤルファミリーの消滅とその後”. 2011年11月18日閲覧。