ザガイン地方域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザガイン管区から転送)
移動: 案内検索
စစ္‌ကုိင္‌း‌တုိင္‌း
ザガイン地方域
(MLCTS: sackuing: tuing:)
Sagaingdivisionflag.png
州都 ザガイン
地域 北西部
面積 93,527 km²
人口 5,300,000(1996年)
民族 ビルマ族シャン族ナガ族チン族
宗教 仏教キリスト教アニミズム
MyanmarSagaing.png

ザガイン地方域(ザガインかんく)は、ミャンマーの行政区画である。チンドウィン川の流域に位置する。

歴史[編集]

ピューが紀元1世紀にザガイン地方域の地方に居住したことが記録に残っている最初の民族である。ビルマ族上ビルマに最初に移住したのは9世紀である。おそらく11世紀中頃、アノーヤター (1044年 - 1077年) が現在のミャンマーを包含するパガン王朝を建国した時、この地域はパガン王朝の支配下に入った。

1287年のパガン王朝の滅亡後、上ビルマの北西部はビルマ族化したシャン族の王族に統治されるザガイン王国英語版(1315年 - 1364年)と、その後のシャン族の王族に統治されるアヴァ王朝(1364年 - 1555年)の支配下に入り、ビルマ族の王族に統治されるタウングー王朝(1555年 - 1752年)の時代を迎えた。そしてシュウェボ英語版アラウンパヤー王によって築かれたコンバウン王朝 (1752–1885)が、1885年に植民地化されてイギリス領ビルマになる前の最後のビルマ族の王朝である。1948年1月、ビルマ連邦が独立すると、この地域はザガイン地方域となった。

2012年11月29日en:Salingyi Townshipレパダウン銅山Letpadaung copper mine)の開発に対する住民抗議が起こり、治安当局が強制排除を実施した[1]

地理[編集]

ミャンマーの北西部に位置し、カチン州シャン州マンダレー地方域マグウェ地方域チン州インドナガランド州およびインドのマニプル州に接する。

行政区画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「政治家」スー・チー氏に試練 銅鉱山開発の是非判断へ”. 日本経済新聞. (2012年12月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1105N_R11C12A2FF2000/ 2013年2月2日閲覧。