ダルマ・シャーストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダルマ・シャーストラサンスクリット:धर्मशास्त्र)は、広義には紀元前6世紀ころから19世紀中葉まで絶えることなく書き続けられてきたインド古法典の総称でダルマ・スートラを含む[1]。狭義には、とくにダルマ・スートラと区別して紀元前2世紀ころから西暦5世紀ないし6世紀にかけてサンスクリットで記された法典で、主なものとしては『マヌ法典』や『ヤージュニャヴァルキヤ法典』がある[2]

広義のダルマ・シャーストラ[編集]

広義のダルマ・シャーストラは、紀元前6世紀から紀元前2世紀にかけてのダルマ・スートラ、紀元前2世紀から紀元後5、6世紀にかけてのスムリティ7世紀ないし8世紀以降の注釈書、12世紀以降のダルマ・ニバンダに分類される[1]

狭義のダルマ・シャーストラ[編集]

狭義のダルマ・シャーストラは、紀元前2世紀ころから西暦5世紀ないし6世紀にかけてサンスクリットの韻文体で記された法典で、主なダルマ・シャーストラには『マヌ法典』や『ヤージュニャヴァルキヤ法典』があり、特にダルマ・スートラと区別される[2]。スムリティ(聖伝)に含まれ、特定の儀礼や学派には結びつかない。18世紀後半から19世紀初頭にかけて40種を超す法典が英語フランス語ドイツ語など西欧諸語に翻訳された[2]

ダルマ・シャーストラのインド周辺国への影響[編集]

ダルマ・シャーストラはインドはもとより東南アジア世界にも大きな影響をおよぼした。例えば、ミャンマーで王朝時代に編纂された「ダマタッ」はマヌ法典などのダルマ・シャーストラが仏教的に改作された世俗法として知られている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『南アジアを知る事典』 (1992)
  2. ^ a b c 藤井 (2007)
  3. ^ 奥平龍二『ビルマ法制史研究入門 ―伝統法の歴史的役割―』1頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 藤井毅 『インド社会とカースト』山川出版社<世界史リブレット86> 2007.12、ISBN 4-634-34860-8
  • 辛島昇・前田専学・江島惠教ら監修 『南アジアを知る事典』 平凡社、1992.10、ISBN 4-582-12634-0
  • 奥平龍二『ビルマ法制史研究入門 ―伝統法の歴史的役割―』日本図書刊行会 東京 2002年