ピンヤ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ピンヤ朝ビルマ語: ပင်းယခေတ)とは、1312年から1364年にかけて上ビルマミャンマー北部)に存在していたシャン族王朝である。

歴史[編集]

シャン族の台頭[編集]

13世紀末のビルマのパガン朝では、王国東部のシャン族が勢力を拡大していた[1]アサンカヤー英語版ヤーザティンジャン英語版ティハトゥ英語版のシャン族の3兄弟は王室と婚姻関係を結び、宮廷内で勢力を伸ばした[1]。パガン王ナラティーハパテの攻撃を受けてパガンを脱出した後、アサンカヤーにミンザイン、ヤーザティンジャンにメッカヤー(Mekkhaya)、ティハトゥにピンレー(Pinle)を与えた。1295年に末弟のティハトゥは白象王(スィンビューシン)の称号を用い、1296年にはパガンの歴代国王と同じく大王(ミンジー)を名乗った[2]

1297年にアサンカヤーはパガンの皇太后ソウと共謀してパガン王チョウスワーを殺害し、その子ソウニッを擁立する[3]1300年にアサンカヤーは領地のミンザインで独立し(ミンザイン王朝英語版)、ビルマにシャン族の王朝が創始された[4]。同年、チョウスワーの王子から援軍を求められた元の皇帝テムルはミンザインに派兵を行う[5][6]。3兄弟は元軍の包囲を耐え、元側の指揮官を買収して撤兵に向かわせた[7]

元の侵攻の後に兄弟の次弟ヤーザティンジャンが自然死し、1310年春にティハトゥは兄のアサンカヤーを毒殺して権力を奪取した[8][9]。ティハトゥはアヴァの地を新たな本拠地に定めようと考えたが、不吉な兆候が表れたためにピンヤを本拠地に選んだ[10]。1312年にティハトゥはピンヤをウィザヤプーラ(サンスクリット語で「勝利の都」の意)と改称して都に定め、王宮、寺院、仏塔を建設した[11]。ティハトゥはソウからパガン王家に伝わる金帯と金盆を譲り受けて王位に就き、廃位されたソウニッはティハトゥの下で一地方領主として余生を過ごした[12]

しかし、1315年ごろにティハトゥの末子ソーユン英語版(アサンカヤー)がエーヤワディー川右岸のサガインで独立して王朝を建て(サガイン朝英語版)、両王朝はエーヤワディー川を挟んで並立した[13]

建国後[編集]

1331年にピンヤは大洪水に見舞われ、多くの仏塔や僧坊が被害を被った[14]1344年、ウザナの甥で女婿でもあるティハトゥ2世が王位に就く。

1359年にピンヤは麓川のマオ・シャン族の侵入を受け、混乱に陥った。1364年に再びマオ・シャンの攻撃を受けてピンヤ朝は滅亡し、生き残った王族は四散した[15]。同年にサガイン朝もマオ・シャンによって滅ぼされるが、サガイン朝の王族タドミンピャによってアヴァ王朝が建国された。

かつてピンヤ朝の都が存在していた地域は畑になり、崩壊しかけた仏塔が散見されるほかは、ピンヤ朝当時の面影を残していない[16]

社会[編集]

パガン朝期に建設された軍事基地を前身とする、城市(ミョウ)が行政単位となっていた[17]。地方の再開発に伴い、城市は政治・経済的役割を増していく[17]。また、パガン中期から民衆の支持を集めていたアラニャ僧団が、ピンヤ朝期を通して影響力を増していった[18]

ビルマ族はシャン族の支配から逃れるため、下ビルマへ移住した[4]

文化[編集]

ピンヤ朝の時代にはタヤーボエ・タチン(村落の歌)、カージン(円盾を用いた踊りで披露される歌)、ヤドゥ(季節を詠んだ詩)が書かれ、その表現はパガン王朝の文学作品よりも発達していた[19]。その一方で、従前のビルマ世界で書かれていたリンガ(古詩)は徐々に姿を消していく[20]。14世紀初頭に宰相サドゥリンガバラが書いたヤドゥはビルマ語とパーリ語が併用されており、正確かつリズムのある表現で難解な仏教教理について問いかけている[21]

歴代君主[編集]

  1. ティハトゥ(在位:1309年? - 1325年
  2. ウザナ(在位:1321年? - 1340年
  3. ミンザインシートゥー(在位:1340年 - 1344年
  4. ティハトゥ2世(ンガーシーシン、在位1344年 - 1350年
  5. チョースワー(在位:1350年 - 1359年
  6. ティハトゥ3世(在位1359年 - 1360年

脚注[編集]

  1. ^ a b 大野『謎の仏教王国パガン』、209頁
  2. ^ 大野『謎の仏教王国パガン』、214頁
  3. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、111-112頁
  4. ^ a b 大野『謎の仏教王国パガン』、216頁
  5. ^ C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』3巻(佐口透訳注、東洋文庫、平凡社、1971年6月)、161頁
  6. ^ 伊東「エーヤーワディ流域における南伝上座仏教政治体制の確立」『東南アジア史 東南アジア古代国家の成立と展開』、289頁
  7. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、113頁
  8. ^ Kala, U (1720). Maha Yazawin Gyi (in Burmese) 1 (2006, 4th printing ed.). Yangon: Ya-Pyei Publishing. 254頁; in footnote by the Dept of Universities History Research, citing an inscription date
  9. ^ Phayre, Lt. Gen. Sir Arthur P. (1883). History of Burma (1967 ed.). London: Susil Gupta. 58–59頁
  10. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、115頁
  11. ^ 大野『謎の仏教王国パガン』、218頁
  12. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、115-116頁
  13. ^ 伊東「エーヤーワディ流域における南伝上座仏教政治体制の確立」『東南アジア史 東南アジア古代国家の成立と展開』、292頁
  14. ^ 大野『謎の仏教王国パガン』、221頁
  15. ^ 大野『謎の仏教王国パガン』、222頁
  16. ^ 大野『謎の仏教王国パガン』、220頁
  17. ^ a b 飯島、石井、伊東「上座仏教世界」『東南アジア史1 大陸部』、73頁
  18. ^ 伊東「エーヤーワディ流域における南伝上座仏教政治体制の確立」『東南アジア史 東南アジア古代国家の成立と展開』、301頁
  19. ^ ペーマウンティン『ビルマ文学史』、14頁
  20. ^ ペーマウンティン『ビルマ文学史』、18頁
  21. ^ ペーマウンティン『ビルマ文学史』、15-17頁

参考文献[編集]

  • 飯島明子、石井米雄、伊東利勝「上座仏教世界」『東南アジア史1 大陸部』収録(石井米雄、桜井由躬雄編, 世界各国史, 山川出版社, 1999年12月)
  • 伊東利勝「エーヤーワディ流域における南伝上座仏教政治体制の確立」『東南アジア史 東南アジア古代国家の成立と展開』収録(石澤良昭責任編集, 岩波講座 東南アジア史2巻, 岩波書店, 2001年7月)
  • 大野徹『謎の仏教王国パガン』(NHKブックス, 日本放送出版協会, 2002年11月)
  • G.E.ハーヴェイ『ビルマ史』(東亜研究所訳, ユーラシア叢書, 原書房, 1976年)
  • ウー・ペーマウンティン『ビルマ文学史』(大野徹監訳, 東南アジアブックス, 井村文化事業社, 1992年9月)
  • 『東南アジア史1 大陸部』(石井米雄、桜井由躬雄編, 世界各国史, 山川出版社, 1999年12月)、付録88頁の系図

関連項目[編集]