下ビルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上ビルマをオレンジ色、下ビルマをピンク色で示したイギリスの地図

下ビルマLower Burma, ビルマ語: အောက်မြန်မာပြည်)はミャンマー(ビルマ)の地域名で、エーヤワディー川流域の平原部のうち下流域を指す。

地理[編集]

本来「上ビルマ」「下ビルマ」は明確な境界が存在しない地理的呼称として用いられていたが、ヤンゴン地方域バゴー地方域エーヤワディ地方域モン州に相当する地域「ペグー」がイギリスに割譲された後、明確な境界を持つ土地区分としての意味合いも有するようになった[1]

下ビルマは熱帯雨林気候に属し、イギリス植民地時代以降、エーヤワディー・デルタの干拓によって水田が大幅に増加した[1]

歴史[編集]

1852年第2次英緬戦争の後、コンバウン王朝イギリスにエーヤワディー川下流域のペグーを割譲する。1885年第3次英緬戦争の結果ビルマ全土がイギリスの植民地とされると、政治・社会・経済の中心地は上ビルマから下ビルマのヤンゴンに移る[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 田村、松田『ミャンマーを知るための60章』、72-75頁

参考文献[編集]

  • 田村克己、松田正彦『ミャンマーを知るための60章』(エリア・スタディーズ, 明石書店, 2013年10月)