国家平和発展評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家平和発展評議会英語:State Peace and Development Council、略称:SPDC)はミャンマー軍事政権の最高決定機関。

1988年9月、旧ビルマ軍のクーデターにより国家法秩序回復評議会(State Law and Order Restoration Council、略称:SLORC)が全権を掌握して以来、同国では2011年3月30日まで軍事政権が続いた。このSLORCが1997年11月に改組されたのが国家平和発展評議会である。

SPDC内の序列上位は以下の通り。

2010年ミャンマー総選挙後の2011年1月31日にトゥラ・シュエ・マンが下院議長に任命され、2月4日にテイン・セインが大統領に選出された(ティン・アウン・ミン・ウーは副大統領に就任)。同日までにマウン・エイは引退している。テイン・セイン大統領による組閣に伴い、2011年3月30日にSPDCは解散したが、出身者による政権への影響力が保持されるのは確実である。

関連項目[編集]