ミャンマーの首相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミャンマーの首相(ミャンマーのしゅしょう)は、ミャンマー連邦共和国首相

1947年制定の初代憲法では、首相は大統領の補助機関たる連邦政府(内閣の名称)の一員で、地域代表院(下院)の指名基づいて大統領が任命しており、内閣閣僚たる国務大臣を指名する権限を有していた[1]。また、1974年制定の第二代憲法では、大臣17名で構成される閣僚組織(内閣)の間で選出され、国家評議会[2]の構成員の一人であった。1988年以降は、軍事政権の最高決定機関である国家平和発展評議会(SPDC)の議長によって任免されている。2011年2月4日に、テイン・セインが大統領に選出された後、首相ポストは廃止された。

歴代首相[編集]

1948年の独立以来のビルマおよびミャンマーの首相は以下の通り。

名前 就任 退任 政党
ビルマ連邦
1 ウー・ヌ 1948年1月4日 1956年6月12日 反ファシスト人民自由連盟(AFPFL)
2 バー・スエ 1956年6月12日 1957年3月1日 AFPFL
3 ウー・ヌ(第二期) 1957年3月1日 1958年10月29日 AFPFL
4 ネ・ウィン 1958年10月29日 1960年4月4日 軍人
5 ウー・ヌ(第三期) 1960年4月4日 1962年3月2日 連邦党
6 ネ・ウィン(第二期) 1962年3月2日 1974年3月4日 軍人 / ビルマ社会主義計画党(BSPP)
ビルマ連邦社会主義共和国
7 セン・ウィン 1974年3月4日 1977年3月29日 軍人 / BSPP
8 マウン・マウン・キャー 1977年3月29日 1988年7月26日 軍人 / BSPP
9 トゥン・ティン 1988年7月26日 1988年9月18日 軍人 / BSPP
10 ソウ・マウン 1988年9月21日 1988年9月23日 軍人
ビルマ連邦
10 ソウ・マウン 1988年9月23日 1989年6月18日 軍人
ミャンマー連邦
10 ソウ・マウン 1989年6月18日 1992年4月23日 軍人
11 タン・シュエ 1992年4月23日 2003年8月25日 軍人 / 国民統一党(NUP)
12 キン・ニュン 2003年8月25日 2004年10月18日 軍人 / NUP
13 ソー・ウィン 2004年10月19日 2007年5月18日 軍人 / NUP
代行 テイン・セイン 2007年5月18日 2007年10月12日 軍人 / NUP
14 テイン・セイン 2007年10月12日 2010年10月21日 軍人 / NUP
ミャンマー連邦共和国
14 テイン・セイン 2010年10月21日 2011年3月30日 軍人 / NUP
首相ポスト廃止(2011年3月30日-現在)

備考[編集]

  1. ^ 首相と国務大臣は共に地域代表院の議員でなければならず、連邦政府は下院に対して連帯責任を負った(議院内閣制)。
  2. ^ 国家評議会:人民議会(国会の名称)閉会中に法的拘束力を持つ命令を出す権限が与えられた組織。地方行政区分を基準に選出された国会議員28人と首相によって構成され、議長は大統領に就任こととなっていた。非常事態宣言条約の締結・批准・脱退など高度な政治的権限が付与されていた。

関連項目[編集]