キン・ニュン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミャンマーの旗 ミャンマーの政治家
キン・ニュン
ခင်ညွန
Khin Nyunt
Khin Nyunt.jpg
キン・ニュン(2004年撮影)
生年月日 1939年10月11日(75歳)
出生地 ヤンゴン管区チャウタン
出身校 ヤンゴン大学
前職 ミャンマー連邦首相国家平和発展評議会(SPDC)第一書記
称号 大将

任期 2003年8月25日 - 2004年10月18日
SPDC議長 タン・シュエ
テンプレートを表示

キン・ニュンKhin Nyunt1939年10月11日 - )は、ミャンマー軍人。階級は大将軍事政権の序列3位として国家平和発展評議会(SPDC)第1書記および首相を務めた。

ヤンゴン大学卒業。 特別作戦室担当官及び第44軽歩兵師団の作戦参謀を経て、1983年秘密警察に相当する軍情報局長に就任。1988年9月クーデターで軍事政権の国家法秩序回復評議会(SLORC)第1書記となり、1997年11月にSLORCがSPDCに改組するとその第1書記に。シャン州において長らく対立関係にあったビルマ共産党が内部クーデターで崩壊後、ワ州連合軍など分裂した後身の私兵組織と次々に休戦協定を結んだ。2002年9月、大将に昇格。2003年8月から首相を務め、穏健派・国際協調派で柔軟派かつ軍政きっての切れ者として知られた。

2004年10月、首相を解任された。 軍事政権からは「健康上の理由」による引退と発表されたが、政権の保守派との政争の結果、失脚したとみられる。彼の失権後、軍情報局は解体された。

解任後はヤンゴンの自宅にて軍の軟禁下にあったが、2012年1月13日にテイン・セイン大統領が大規模な恩赦を実施し、キン・ニュンも軟禁を解かれた[1]

出典[編集]