テイン・セイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミャンマーの旗 ミャンマーの政治家
テイン・セイン
သိန်းစိန
Thein Sein
TheinSeinASEAN.jpg
テイン・セイン
生年月日 1945年5月11日(68歳)
前職 首相代行、国家平和発展評議会(SPDC)第一書記ミャンマー連邦首相
現職 ミャンマー連邦共和国大統領
所属政党 連邦団結発展党
称号 大将

任期 2011年3月30日 -

任期 2007年5月18日 - 2011年3月30日
SPDC議長 タン・シュエ
テンプレートを表示

テイン・セインビルマ語: သိန်းစိနThein Sein1945年5月11日 - )は、ミャンマーの政治家、現在、同国大統領(軍事政権後初代・国家元首通算第10代)、「連邦団結発展党」党首。軍事政権内での序列は4位[1]。同国首相などを歴任。

就任時の階級は中将、後に政党結党前に軍籍を離れる[2]。民族的には華人であり、中国語名は登盛簡体字:登盛)。

略歴[編集]

人柄[編集]

他の軍高官とは違い、利権や汚職などのスキャンダルに見舞われず、国民にはクリーンなイメージを持たれているとされる[3]。また野心がなく、上官の命令に逆らうことはない官吏タイプとも評されている[3]。このためタン・シュエの信頼が厚く[3]、「忠実な部下」「典型的なイエスマン」[4]とも評される。

軍出身ではあるが基盤がなく、このため大統領就任前にはタン・シュエの意向に沿った政権運営がなされるとの指摘もあった[5]。しかし就任後はアウンサンスーチーの政治活動を容認するなど、民主化に一定の寄与をしていることも事実であり、タン・シュエが保守派と言われるのに対し、テイン・セインは改革派と称されることもある[6]

エピソード[編集]

2008年5月、サイクロン・ナルギスが上陸し、ミャンマー国内に甚大な被害をもたらした際、セインが精力的に救援活動に取り組んでいる様子がミャンマー国営紙の一面トップに掲載された。しかし、セインが精力的に救援を行ったことは事実ではなく、セインが被災者に大して行った「救援」は、20台のテレビと10台のDVDプレーヤーを被災者にプレゼントすることだけであったと言う。肝心な外国からの緊急救援物資は、ミャンマー当局の都合で国民に行き渡るのが滞り、また、外国のマスコミがミャンマー国内を取材することを一切拒否し、ミャンマー当局側は「援助だけ欲しい」と言う態度であったとされる[7]

健康問題[編集]

心臓病のため、心臓ペースメーカーを使用している[8]

出典[編集]

  1. ^ “ミャンマー新大統領にテイン・セイン首相”. 毎日放送. (2011年2月5日). http://www.mbs.jp/news/jnn_4642460_zen.shtml 2011年2月5日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ ミャンマー ~民主化の現状と自由化の波~ (PDF)” (日本語). 東京都中小企業振興公社 国際支援室 (2011年2月). 2012年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c “ミャンマー:大統領にテインセイン氏 政権、軍部意向反映へ”. 毎日新聞. (2011年2月5日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110205ddm007030065000c.html 2011年2月5日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “ミャンマー大統領にセイン首相 軍主導の現行路線継承へ”. デイリースポーツ. (2011年2月5日). http://www.daily.co.jp/society/main/2011/02/04/0003784420.shtml 2011年2月5日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “ミャンマー大統領に軍政首相 軍トップが影響力”. 東京新聞. (2011年2月5日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011020502000037.html 2011年2月5日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ みずほアジア・オセアニアインサイト (PDF)” (日本語). みずほ総合研究所. 2011年12月3日閲覧。
  7. ^ “台人入緬「比921慘十幾倍」”. 蘋果日報(台湾紙). (2008年5月10日). http://tw.nextmedia.com/applenews/article/art_id/30537393/IssueID/20080510 2011年2月5日閲覧。 
  8. ^ “Man in the mirror in Myanmar”. Asia Times Online. (2011年5月4日). http://www.atimes.com/atimes/Southeast_Asia/ME04Ae01.html 2012年3月3日閲覧。