ソー・ウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミャンマーの旗 ミャンマーの政治家
ソー・ウィン
စိုးဝင်း;
Soe Win
SoeWin cropped.jpg
ソー・ウィン(2004年撮影)
生年月日 1947年5月10日
出生地 シャン州タウンジー
没年月日 2007年10月12日(満60歳没)
死没地 ヤンゴン
前職 ミャンマー連邦首相国家平和発展評議会(SPDC)第一書記
称号 大将

任期 2004年10月19日 - 2007年10月12日
SPDC議長 タン・シュエ
テンプレートを表示

ソー・ウィンSoe Win1947年5月10日 - 2007年10月12日)は、ミャンマーの第13代首相、大将。

軍事政権の最高実力者である国家平和発展評議会(SPDC)議長 タン・シュエの懐刀で、2003年5月に民主化運動指導者 アウンサンスーチーが身柄を再拘束された時の司令官といわれる。

北西軍管区司令官、空軍司令官などを歴任し、2003年8月、SPDC第一書記に就任。 2004年10月、前任の首相 キン・ニュンの解任を受けて、後任の首相に就任した。 首相就任時の序列はキン・ニュンに次ぐ第4位。

病気治療のため、2007年2月末よりシンガポールにて入院していたが体調は安定せず、同年5月18日に首相の座を降り、SPDC第一書記のテイン・セインに首相代行を委ねていた。同年10月1日にミャンマーに帰国するも、同月12日にヤンゴン市内の軍病院で死去[1]。病名は明らかにされていないが白血病と見られている。

参考[編集]