ヤンゴン管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ရန်ကုန်တိုင်း
ヤンゴン管区
(MLCTS: yankun tuing/rankun tuing)
州都 ヤンゴン
地域 下ビルマ
面積 10,170 km²
人口 5,420,000 (1999年)
民族 ビルマ族カレン族華僑印僑、Anglo-Burmese
宗教 仏教イスラームキリスト教ヒンドゥー教
MyanmarYangon.png

ヤンゴン管区(ヤンゴンかんく)は、ミャンマーの行政区画である。現在、管区(タイン)から、地域(タイン・データー・ジー)と呼称が変わったことに対応して、ヤンゴン地域と記述されることもある。それは、北と東をバゴー管区と、南でモッタマ湾と、西をエーヤワディ管区と接している。ヤンゴン管区は国で最も工業化した地域であり、主な国際的玄関口である。国内の大部分の工業地帯は、この管区に位置している。

行政区画[編集]

ヤンゴン管区は四つの県(District)に分かれており、その下にさらに郡区(township)に分かれる。

ヤンゴン西部県
(Western District (市街地))
ヤンゴン東部県
(Eastern District)
ヤンゴン南部県
(Southern District)
ヤンゴン北部県
(Northern District)
ヤンゴン市外の郡区