カレン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ကရင္‌ပ္ရည္‌နယ္
カレン州
(MLCTS: ka.yang pranynai)
Kayinstateflag.png
州都 パアン英語版
地域 南部
面積 30,383 km²
人口 1,431,377
民族 カレン族首長族ビルマ族シャン族パオ族英語版モン族ラカイン族英語版
宗教 仏教キリスト教アニミズム
MyanmarKayin.png

カレン州(—しゅう)はミャンマーの行政区画である。州都はパアン英語版

歴史[編集]

現在のカレン州を形成する地域は、11世紀中頃のパガン王朝の成立以来、歴代のビルマの王国の版図に含まれていた。13世紀から16世紀にかけて、領域のほとんどが下ビルマペグー王朝に属していた一方で、北部は上ビルマシャン族が建国したアヴァ王朝の属国だったビルマ族タウングー王朝に属していた。16世紀から19世紀にかけて、上ビルマ下ビルマがともにタウングー王朝に統一されるとカレン州全域が属領となり、タウングー王朝が衰亡するとコンバウン王朝に属していた。第一次英緬戦争英語版 (1824-1826)の後、サルウィン川以南のカレン州の1/3の領域が大英帝国の支配下に入り、残りの領域も1852年第二次英緬戦争英語版以後、植民地化された。

英国植民地時代の末期 (1945年 - 1948年) にかけてカレン族指導部は、イギリス領インド帝国ビルマ州内の今日のカレン州・モン州の大半・タニンダーリ管区をカバーする分離州を主張した。彼らは1947のビルマ憲法英語版の為の基礎であった1947年2月のパンロン協定英語版への署名を拒否し、1947年4月の独立前選挙を拒否した。[1] それにも拘らず、憲法はカレン州を認めた。もっともカレン族指導部がイギリスからの分離を希望した領土より少ない面積だったが。憲法は10年後のビルマ連邦からの独立権も保障した。(パンロン協定はシャン族とカチン族に州を与えるものである;実際、署名をしたチン族英語版には州が与えられなかった。) カレン指導部の多数派であるカレン民族同盟(KNU)はこれに満足せず、完全な独立を要求した。1949年、KNUは、今日まで続いている武力闘争を開始した。[2] KNUは、1月31日を「Inseinの戦い」で地下活動に入った日を記す「革命日」として祝っている。

その時以来、州のほぼ全域が戦場となっている。民間人は戦争を矛盾と受け取っている。今日、KNUは世界で最も長く行われているレジスタンスを組織している。1989年ミャンマー軍事政権英語版は、州の英語名をカレン州からカイン州へ変更した。

2010年総選挙[編集]

2010年総選挙の際にはカレン州から3政党が立った。その選挙の結果、カレン人民党(KPP)が6席、パロン・サウォ民主党(PSDP)が9席、カレン州民主発展党(KSDDP)が2席を獲得した[3]

地理[編集]

ミャンマー南部に位置し、マンダレー管区シャン州カヤー州バゴー管区モン州タイ王国メーホンソーン県ターク県)に接する。

行政区画[編集]

カレン州は3県、7郡区に分かれ、4092集落、1市、9町が位置する。

[編集]

郡区[編集]

No. 地区名 カレン諸語での名称
1. パアン郡区英語版
2. ラインブウェ郡区英語版
3. パプン郡区英語版 ムトロ
4. タンダウン郡区英語版
5. ミャワディー郡区英語版
6. コーカレイ郡区英語版
7. チャインセイジー郡区英語版

市・町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ en:Thant Myint-U (2006). The River of Lost Footsteps--Histories of Burma. Farrar, Straus and Giroux. pp. 253. ISBN 978-0-374-16342-6, 0-374-16342-1. 
  2. ^ Myint-U, pp. 258-263
  3. ^ Burma's Longest War: Anatomy of the Karen Conflict pages 27 -30

関連項目[編集]