144

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
143 144 145
素因数分解 24×32
二進法 10010000
六進法 400
八進法 220
十二進法 100
十六進法 90
十八進法 80
二十進法 74
ローマ数字 CXLIV
漢数字 百四十四
大字 百四拾四
算木 Counting rod v1.pngCounting rod h4.pngCounting rod v4.png

144百四十四、ひゃくよんじゅうよん)は自然数、また整数において、143の次で145の前の数である。

性質[編集]

その他 144 に関連すること[編集]

  • 1グロス=144個(122個)=12ダース
  • 144か(=12)を1回りという。また、144か月前後についても1回りという。
  • 1/144スケール(12-2スケール)
  • 144MHz帯はアマチュア無線に用いられる周波数の一つ。2m(ツーメーター、波長が約2メートルであることから)、いっちょんちょん、などと呼ばれる。
  • 中国麻雀の牌は、日本麻雀の牌136枚に花牌8枚を加えた144枚からなる。
  • 国道144号
  • 西暦144年
  • NTT東日本、NTT西日本ひかり電話の迷惑電話おことわりサービスは、局番なしの144である。
  • 日本プロ野球における1チームのレギュラーシーズンの試合数は144試合(2007年~2014年)。
  • 第144代ローマ教皇ヨハネス19世(在位:1024年1032年)である。
  • 新約聖書
    • 「また、城壁を測ると、百四十四ペキスであった。これは人間の物差しによって測ったもので、天使が用いたものもこれである。」(ヨハネの黙示録 21章 17節)
    • 十四万四千人という表現がヨハネの黙示録に3か所ある。144000 = 144 × 103
      • 「わたしは、刻印を押された人々の数を聞いた。それは十四万四千人で、イスラエルの子らの全部族の中から、刻印を押されていた。」(ヨハネの黙示録 7章 4節)
      • 「また、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っており、小羊と共に十四万四千人の者たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とが記されていた。」(ヨハネの黙示録 14章 1節)
      • 「彼らは、玉座の前、また四つの生き物と長老たちの前で、新しい歌のたぐいをうたった。この歌は、地上から贖われた十四万四千人の者たちのほかは、覚えることができなかった。」(ヨハネの黙示録 14章 3節)
  • 銀行コードで0144は北陸銀行である。

関連項目[編集]