飯野山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯野山
Iinoyama(sanukihuji).jpg
標高 421.87 m
所在地 香川県丸亀市坂出市
位置 北緯34度16分27.7935秒 東経133度50分45.1514秒 / 北緯34.274387083度 東経133.845875389度 / 34.274387083; 133.845875389座標: 北緯34度16分27.7935秒 東経133度50分45.1514秒 / 北緯34.274387083度 東経133.845875389度 / 34.274387083; 133.845875389
山系 独立峰
種類 ビュート
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

飯野山(いいのやま)は、香川県丸亀市坂出市の境に位置するである。別名を讃岐富士と呼び、讃岐七富士のひとつに数えられている。

特徴[編集]

讃岐平野にそびえ、近くには西に土器川、東に大束川が流れている。山が侵食によって、屋島のような台地状のメサと呼ばれる状態になり、その後さらに侵食が進み、ビュートと呼ばれる孤立した丘となった。麓付近は花崗岩で、中腹から上には硬い火山岩であるサヌカイト安山岩の一種)で、山頂付近ではそのサヌカイトが風化した赤い粘土が堆積している。その整った形から地元住民の移動の目印となっている。

山麓には古くから飯依比古を祭る飯神社と坂元神社が鎮座し、麓から山腹にかけてはモモなどが栽培されている。山頂には巨人伝説で伝えられる巨人おじょもの足跡や、安養寺[1]の奥之院薬師堂、不動尊などがある。北には高松自動車道坂出ジャンクションがあり、東西に高松自動車道が通り、北に瀬戸中央自動車道(正確には坂出ICまでが高松道の坂出支線)が分岐している。

2010年に丸亀市観光協会が4月22日を讃岐富士の日と制定した。毎年、その日の午前11時より、山頂の薬師堂が開扉されて山頂広場で柴灯護摩が焚かれる。

登山[編集]

身近な低山として人気を集めており、高齢社会を迎えた昨今、体力づくりもかねて登山者が増えている。南麓から山頂までの登山道は、丸太で階段が組まれ、途中にはアスレチック施設などが整備されている。登山者の中には毎日登る者もおり、通算登山回数が千回、2千回を越した者もいる。山頂の「薬師堂」には善意のノートが置かれ、登山者が記念を記せるようになっている。

登山口から山頂までは30分から1時間[2]とされ、飯野町ルートの登山口看板には“山頂まで約2,200m(40分程度)”と解説されている。

主な登山道
  • 坂出ルート(西又道)
  • 飯野町ルート:歩きやすく登山者も多い、駐車場40台、トイレあり。登山口に隣接する遺跡公園「弥生の広場」には駐車場100台[3]。登山道の4合目、5合目、6合目は展望が開けている。
  • 飯山町ルート:石段を直登する、駐車場15台、トイレあり。

歌に詠まれる飯野山[編集]

  • 「暁に駒をとどめて見渡せば讃岐の富士に雲ぞかかれる」 昭和天皇
  • 「讃岐にはこれをば富士といいの山朝げ煙たたぬ日はなし」 西行
  • 「稲むしろあり飯の山あり昔今」 高浜虚子

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

鉄道
  • JR坂出駅の南約4.5km(坂出ルート登山口)
バス
  • JR丸亀駅より琴参バス レオマ宇多津線 山根西バス停(飯野町ルート登山口最寄り)、国持バス停(飯山町ルート登山口最寄り)
  • JR丸亀駅より琴参バス 丸亀東線 飯野山登山口バス停(坂出ルート・飯野町ルート登山口最寄り)、丸亀自動車学校バス停(飯野町ルート登山口最寄り)、国持バス停(飯山町ルート登山口最寄り)
レンタルサイクル
  • JR丸亀駅またはJR坂出駅から自転車で約30分[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宗派は高野山真言宗、院号は浄土院、山号は小富士山
  2. ^ 丸亀市役所「観光スポット 飯野山
  3. ^ a b 2018年 讃岐富士マウンテンウィーク pdf

外部リンク[編集]