御在所山 (高知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御在所山
ɡozaisyo0ø.jpg
標高 1,079.3 m
所在地 高知県香美市
位置 北緯33度42分7.68秒
東経133度49分22.5秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

御在所山(ございしょやま)は、高知県香美市にあり、剣山系の西部に座する標高1,079.3mのである。

特異な山容でどこからも識別でき、山頂の北側からは天狗塚三嶺の徳島の山々が臨める。平家の落人安徳天皇を奉じて隠れ住んだと云われ、高貴な方の住む場所という御在所の意味からそんなところが山名の由来であると思われ[1]、山頂には立派な社殿があり、参道途中には石仏や祠が点在している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山と渓谷社「四国百名山」2000年9月10日発行 85ページ

関連項目[編集]