佐々連尾山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々連尾山
Mt.Sazareoyama.jpg
標高 1,404.2 m
所在地 愛媛県四国中央市高知県長岡郡本山町
位置 北緯33度52分57.62秒
東経133度33分15.57秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

佐々連尾山(さざれおやま)は、愛媛県四国中央市高知県長岡郡本山町にまたがる山。標高1,404.2m。四国山地中部にある。

予土県境にあり、美しい原を持つ奥深い山で、西からは白髪トンネル脇から登り始め大森山を越え本峰に至る。東からは県境の中川峠に両県から駆け上がり、スズタケの中をかき分け、幾つものピークを越え本峰に至る、どこから登っても厳しい山行である。 新居浜市の別子銅山に次ぐ産出量の佐々連鉱山が北側中腹にあったが、いすれも閉山し時が流れている。山名の由緒はこれより前か後かは定かでない[1]

ギャラリー[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 山と渓谷社「四国百名山」2000年9月10日発行 32ページ

関連項目[編集]