皿ヶ嶺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
皿ヶ嶺
Mt.Saragamine.jpg
重信町から望む皿ヶ嶺
標高 1270.5 m
所在地 愛媛県東温市久万高原町
位置 北緯33度43分03秒
東経132度53分40秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

皿ヶ嶺(さらがみね)は愛媛県中予地方東温市上浮穴郡久万高原町とに跨る皿ヶ嶺連峰県立自然公園を擁する山。山頂は久万高原町に属し、標高1271m。

概要[編集]

東は陣ヶ森石墨山堂ヶ森さらには石鎚山と連なる。西には松山平野久万高原とを隔てる三坂峠が位置する。山麓から中腹までは自動車の通行可能な道があり、道の終点の駐車場まで松山市街から自動車で1時間程度でたどり着けるため、遠足やハイキングなどで気軽に登れる山である。山の北斜面は中央構造線に当たり断層が多く見られる。このため中腹までは急傾斜が続くが、山頂付近にはなだらかな竜神平が広がり、皿を伏せたような山容であるため、この名が付いた。

中国地方の山間部よりも標高が高く、冬場はしばしば積雪が見られ、1m近く積もることもあるため、中腹にはスキー場もある。

山頂には二等三角点「行長」が設置されている。

登山ルート[編集]

東温市上林を基点とするルートと、国道33号の六部堂からのルートがある。

ギャラリー[編集]