綱附森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
綱附森
Tunatukemori01.jpg
登山道途中から
標高 1,643.1 m
所在地 日本の旗 日本 徳島県三好市高知県香美市
位置 北緯33度48分1.46秒
東経133度56分28.6秒
座標: 北緯33度48分1.46秒 東経133度56分28.6秒
山系 四国山地 剣山
綱附森の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

綱附森(つなつきもり)は、徳島県三好市高知県香美市の境界に位置するである。標高1,643.1m四国百名山選定。

概要[編集]

天狗塚の南方3km、三嶺の南西方約6.5kmにあり、旧三好郡東祖谷山村(現徳島県三好市)と香美郡物部村(現高知県香美市)との県境に位置。

明治初年は山麓の集落名にちなんで谷道山と呼ばれていた(日本地誌提要)。明治末期から大正期には綱附山といわれた(大日本地誌)。昭和になって現名で記されるようになった(四国の尾根)。

特徴のある山容ではなく、登山の対象にはならなかった。登山者もほとんどなく原生林が残されている。北面はブナを中心とした広葉樹の原生林で、頂上付近はササが繁茂する。

徳島県下では珍しいオオヤマレンゲが自生し、ケンザンデンダミヤマウラボシクジャクシダエビラシダチチブホラゴケなどがある。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]