雨ヶ森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨ヶ森
Amegamori03.jpg
標高 1,390.1 m
所在地 高知県吾川郡仁淀川町
位置 北緯33度39分47.86秒
東経133度10分10.52秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

雨ヶ森(あめがもり)は、高知県吾川郡仁淀川町にあり、四国山地中南部に座する標高1,390.1mのである。

石鎚山系の南へ少し離れた独立峰で、地元の人々には信仰の山であるがゆえ神聖な神の森で、天の森が転訛したのが山名の由来と想像される[1]

岩柄集落から登るのが一般的で登山道も整備されていて、村の上部に駐車スペースもある。また、東側からのアプローチとして県立自然公園安居渓谷のバンガロー群の上にある樫山集会所から登るコースもある。なお、岩柄集落の上部には小さいながら足立の滝や双龍の滝がある。また、岩柄地区の入口にある岩伽羅神社は山頂に祀られていたが、山頂から半時間ほど下った岩屋に遷宮、その後、現在地に遷宮、いわゆる降臨したという[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山と渓谷社『四国百名山』 2000年9月10日発行 70ページ
  2. ^ 高知新聞社『四国百山』 1987年4月24日発行 120ページ

関連項目[編集]