石堂山 (徳島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石堂山
Isidou01.jpg
山頂間近の登山道より
標高 1,636 m
所在地 徳島県三好市美馬郡つるぎ町
位置 北緯33度56分19.52秒
東経133度57分58.83秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

石堂山(いしどうやま)は、徳島県三好市美馬郡つるぎ町にまたがり、剣山地祖谷山系に属する標高1,636mのである。

山中にある石堂神社まで車道があり、そこから1時間40分で山頂に立てる。山頂は丸くて平なことから、地元では石堂丸ともよばれる。山頂近くには、御塔石と呼ばれる8mほどの岩柱や、山名の由来にもなった、内部が石室になっている大工小屋石がある[1]。展望はよく、矢筈山津志嶽など、徳島の山々を臨める。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山と渓谷社「四国百名山」2000年9月10日発行 107ページ