釜石市民ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釜石市民ホール(TETTO)
KAMAISHI CIVIC HALL

Kamaishi Civic Hall.jpg

情報
正式名称 釜石市民ホール
完成 2017年10月31日
開館 2017年12月8日
開館公演 第40回釜石の第九
客席数 838席(ホールA)
218席(ホールB)
延床面積 6955.85m²
設備 照明、ピアノ、音響反響板など
用途 音楽・演劇・舞踊・式典など
運営 釜石まちづくり株式会社(指定管理者
所在地 岩手県釜石市大町1-1-9
位置 北緯39度16分22.3秒 東経141度52分47.2秒 / 北緯39.272861度 東経141.879778度 / 39.272861; 141.879778座標: 北緯39度16分22.3秒 東経141度52分47.2秒 / 北緯39.272861度 東経141.879778度 / 39.272861; 141.879778
アクセス 東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石駅から徒歩10分、バス・タクシーで5分
外部リンク 釜石市民ホール

釜石市民ホール(かまいししみんホール)は、岩手県釜石市にある釜石市立の公共施設である。管理運営は、指定管理者の釜石まちづくり株式会社が行っている。

概要[編集]

釜石市民ホールは釜石市の復興プロジェクト「フロントプロジェクトI」[1]の取り組みで東日本大震災により被災した釜石市民文化会館の代替施設として市民の福祉の増進と文化の向上を図るため、賑わい創出と文化芸術に関する活動を行う市民文化の総合支援拠点として建設されたホールである。愛称としてTETTO(テット)という名がつけられている。意味は釜石と鉄の深いつながりを表す「鉄都」とイタリア語で「屋根」を意味する「tetto」を語源としている。ホールA、ホールBの他、スタジオ会議室和室などをもつ。ホールAには多目的鑑賞室もある。主な用途は、コンサート、講演会、演劇、式典等である。ホールAが838席、ホールBは218席ある[2]

沿革[編集]

  • 2016年平成28年)9月 - 釜石市民ホール(仮称)PRパンフレット発行・配布。
  • 2017年(平成29年)
    • 11月1日 - 釜石市民ホールFacebookアカウント開設。
    • 12月8日 - プレオープン。釜石市民ホール開館記念式典開催。「ありがとう、市民文化会館展」開催。(〜3月31日まで)
    • 12月10日 - こけら落とし公演として「第40回釜石の第九」開催。
    • 12月15日 - 釜石市民ホール TETTO 公式サイト開設。
    • 12月16日 - 開館記念として佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会開催。
    • 12月17日 - 施設見学会(ホールA 音楽ホール形式 音響反射板仕様)開催。
    • 12月24日 - 施設見学会(ホールA 劇場形式 袖幕仕様)開催。
  • 2018年(平成30年)
    • 1月14日 - 施設見学会(ホールA+B オールフラット形式)開催。
    • 1月20日 - 施設予約Webページ開設。
    • 2月9日 - 釜石市制施行80周年記念式典開催。
    • 2月10日 - 近代製鐵発祥160周年記念フォーラム開催。
    • 3月4日 - 「TETTO友の会」、「TETTOサポーター」募集開始。
    • 4月1日 - グランドオープン。佐渡裕&スーパーキッズ・オーケストラ2018 東日本大震災復興祈念演奏活動 TETTOグランドオープンメモリアル こころのビタミンプロジェクト in 釜石開催。
    • 4月8日 - 釜石市民ホールグランドオープンフェスタ開催。
    • 4月29日 - 福田こうへい コンサートいわてツアー2018 〜真心伝心〜 開催
    • 8月10日 - ザ・チェンバーブラス~N響金管奏者たち~開催
    • 10月3日 - 日本デザイン振興会からグッドデザイン賞受賞[3]
    • 10月20日 - TETTO open special 森麻季&林美智子 デュオ・リサイタル開催
    • 11月10日〜11日 - 第32回釜石市民劇場 伝説 浜の孝子 両石村庄助と鐘 開催
  • 2019年(平成31年)
    • 1月13日 - 平成31年釜石成人のつどい開催。

建築概要[編集]

  • 設計 - aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
  • 施工 - 戸田建設・山崎建設特定共同企業体
  • 構造 - 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造 地上4階、地下1階、建物高30.97m[2]

施設[編集]

施設配置[編集]

  • 1階 ホールA、ホールB、スタジオ(全3室、うち1室は浮床式完全防音室)、ギャラリー(110㎥)、控室(全7室)、ピアノ練習室、事務室等、共通ロビー、ホワイエ他
  • 2階 ホールA客席(固定席)、和室(8畳*2室、水屋付)、会議室、電気室、空調機械室、ホワイエ、テラス(4ヶ所)他
  • 3階 ホールA多目的鑑賞室、調整室他
  • 4階 フォロースポット室他[2]

ホール概要[編集]

ホールAとホールBはホールAの可動席と大型建具の開放によりホールAとホールB、共通ロビー、広場が一体になった総長77mのホールとして利用できる[2]

ホールA[編集]

  • 床面積/席数
    • 1階 - 380m2/客席480席
    • 2階 - 209m2/客席358席
  • 定員
    • 最大定員 - 1215名(1階スタンディング857名、2階358席)
    • 客席定員 - 838名
  • 設備
    • 1階は平土間形式(フラット)に設定可能
    • コンサート仕様舞台 - 幅18.2m/奥行10.9m(ホリゾントライトまで)/高さ12m
    • 音響反射板(正面、天井、上下計4枚)設置時奥行11.4m
    • フライタワー(舞台空間)におけるトラスレベルまでの高さ26.8m
    • バトン - 美術用8(700kg)、照明用6(スクリーン共用1)、幕用13(すべて電動)

ホールB[編集]

  • 床面積 - 209m2
  • 収容人数 - 218名(スタッキングチェア使用時)、スタンディング 440名
  • 設備
    • 平土間形式(フラット)
    • 仮設ステージ - 9基(奥行1200/間口2400/高さ600mm)
    • 吊物バトン - 4本(可動1、固定3)

施設運営[編集]

  • 館長 - 玉ノ井衛(釜石まちづくり株式会社)[2]
  • 開館時間 - 9:00 ~ 22:00
  • 施設予約 - ウェブページ[4]または釜石市民ホール総合案内窓口[5]から予約

交通アクセス[編集]

飛行機[編集]

鉄道[編集]

  • JR東北新幹線新花巻駅から
    • 自動車 - 90分(釜石自動車道利用)
    • JR - 釜石線新花巻駅から釜石駅まで各駅停車115分(快速「はまゆり」の場合100分)
  • JR釜石線釜石駅・三陸鉄道リアス線釜石駅から
    • 徒歩 - 10分
    • タクシー - 5分
    • バス - 5分(岩手県交通バス停「大町」または「釜石中央」で下車)

自動車[編集]

駐車場[編集]

専用駐車場はなし。

  • 釜石大町駐車場(駐車台数 475台、24時間営業)[7]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フロントプロジェクトI 釜石市
  2. ^ a b c d e 釜石市民ホール概要 釜石市(節全般の出典)
  3. ^ 劇場(多目的ホール) [釜石市民ホール TETTO]”. 日本デザイン振興会. 2019年2月23日閲覧。
  4. ^ 施設予約 釜石市民ホール
  5. ^ ホール総合案内 窓口からの利用手順 釜石市民ホール
  6. ^ アクセス 釜石市民ホール(節全般の出典)
  7. ^ 釜石大町駐車場

外部リンク[編集]