立石一真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

立石 一真(たていし かずま、明治33年(1900年9月20日 - 平成3年(1991年1月12日)は日本実業家オムロンの創業者。1921年熊本高等工業学校電気科一部(現:熊本大学工学部)卒業。

来歴・人物[編集]

熊本県熊本市新町に伊万里焼盃を製造販売する立石熊助およびエイの長男として生まれた。立石家は祖父・孫一が佐賀県伊万里の地で焼き物を習得し熊本に移り住み、「盃屋」を店開きした。

兵庫県庁に勤務後1930年京都に「彩光社」設立。1933年にオムロンの前身である「立石電機製作所」(重電用機能部品を生産)を設立。戦後オートメーションの必要性からマイクロスイッチなどを自社開発し、当時の立石電気の資本金の4倍もの資金をかけて中央研究所を設立する。ここから計算能力をもつ自動販売機や自動改札機などを開発。

1991年1月12日死去。享年90。立石孝雄は長男、立石信雄は次男、立石義雄は三男。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]