第102回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第102回全国高等学校ラグビーフットボール大会
試合日程 2022年12月27日 - 2023年1月7日
出場校 51校
 < 2021 - 20222023 - 2024 > 
テンプレートを表示

第102回全国高等学校ラグビーフットボール大会(だい102かいぜんこくこうとうがっこうラグビーフットボールたいかい)は、令和4年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて、2022年12月27日から2023年1月7日まで東大阪市花園ラグビー場と東大阪市多目的広場で開かれる全国高校ラグビー大会である。

概要[編集]

出来事[編集]

地区大会[編集]

初出場は、南北海道大会決勝で常連校の札幌山の手を下した立命館慶祥1校のみ。

鳥取県代表の倉吉東は、予選全2試合不戦勝で全国大会本選出場が決定した。予選には3校がエントリーしたが、準決勝は米子工倉吉総合産の両校ともに選手15人が揃わず、12人制の「参考試合」として開催。さらに決勝は米子工と倉吉総合産の合同チームとの対戦になるところ、準決勝で負傷者が相次いだことで合同チーム2校合わせても試合に出場できるメンバーが15人に満たなくなり、決勝自体が取り止めとなった(合同チームはたとえ予選を突破しても規定上本選には出場できず、仮に負けても倉吉東の本選出場は変わらない[1])。福島県大会決勝では、磐城の棄権(部員の新型コロナウイルス罹患のため)に伴い勿来工が不戦勝となった。

神奈川県大会決勝では、前回まで優勝2回を含む全国大会ベスト4以上進出を7年連続で果たしていた桐蔭学園東海大相模に敗れた。東海大相模は2年ぶりの本選出場となるが、第95100回大会は決勝で桐蔭学園に敗れた後にブロック代表として出場権獲得、第70回大会は1県2代表(優勝記録上は同大会以来、32年ぶり8回目)だったため、単独の神奈川県代表としての出場は第60回大会以来、42年ぶり。

日程[編集]

出場校[編集]

マークはシード校[注釈 1]


関連試合[編集]

U18花園女子15人制[編集]

  • 高校3年生以下の女性選手を44人に選抜してWEST・EAST2チームにそれぞれ22人に分けて試合を実施予定[2]

2022年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:20開始予定(20分ハーフ)

第15回U18合同チーム東西対抗戦[編集]

2023年1月5日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:00開始予定(30分ハーフ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ☆A=Aシード、☆B=Bシード。

出典[編集]

  1. ^ 高校ラグビー鳥取県予選、試合せず花園へ 対戦チームが人数不足 毎日新聞 2022/11/10 11:31 (2022年11月12日閲覧)
  2. ^ U18花園女子15人制 開催のお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2022年11月7日). 2022年11月8日閲覧。
  3. ^ 第15回U18合同チーム東西対抗戦開催のお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2022年11月7日). 2022年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]