浜本由惟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年5月
浜本由惟 Table tennis pictogram.svg
木下アビエル神奈川
基本情報
よみがな はまもと ゆい
ラテン語表記 HAMAMOTO Yui
愛称 卓球美少女
生年月日 (1998-07-28) 1998年7月28日(20歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府の旗大阪府大阪市此花区
身長 175cm
体重 47kg
のサイズ 24.5cm
選手情報
世界ランキング 最高16位(2017年2月) 現在28位
段級位 4段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット インナーフォース 特注ZLC[1]
フォア面ラバー テナジー・05
バック面ラバー テナジー・80
戦型 右シェークドライブ型
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 大原学園高校
所属歴 木下グループ
代表 日本の旗 日本代表 2016
ITTFワールドツアー戦歴
デビュー 2010
生涯成績 479試合 310勝 勝率65%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 1
初-最終出場 2016
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
世界卓球選手権
2016 クアラルンプール 女子団体
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2013 ドバイ U21女子シングルス
2015 リスボン U21女子シングルス
2016 ドーハ 女子ダブルス
2016 ドーハ U21女子シングルス
アジアジュニア卓球選手権
2015 クアラルンプール 女子団体
アジアカデット卓球選手権
2012 江陰市 女子団体
2013 ドーハ 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧
はまもと ゆい
浜本 由惟
プロフィール
生年月日 1998年7月28日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市此花区
毛髪の色
公称サイズ(2011時点)
身長 / 体重 175 cm / 47 kg
BMI 15.3
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2005年(小学1年生)
ジャンル モデル
モデル内容 一般
備考 2011年以降休業[2]
他の活動 卓球
モデル: テンプレート - カテゴリ

浜本 由惟(はまもと ゆい、1998年平成10年)7月28日 - )は、日本卓球選手モデル大阪府大阪市此花区生まれ[3]。卓球選手としては木下グループ、モデルとしては舞夢プロに所属。バタフライ・タマスの契約選手でもある[4]。ただし、モデル業は休業中である[2]。また、2016年卓球日本代表に選ばれている。

2008年(平成20年)2月17日の大阪国際招待選手権ホープスの部に出場した際、母親がデザインした黄色のウェアでプレーし、四元2世と称された[5]。また、卓球美少女とも呼ばれる[2][6]

経歴[編集]

1998年(平成10年)7月28日に、中華人民共和国出身で卓球選手の母と実業団のバレーボール選手の父の間に出生[7]。3歳からバレエを始め、5歳の時に卓球に転向する[3]。小学1年生からは、現在の事務所に入り、モデルとしての活動を開始する[3]

2005年(平成17年)4月10日大阪府立体育会館で開かれた第9回少年・少女シングルス卓球大会小学生4年以下男女2部で小学1年ながら優勝、同年7月に神戸市で開かれた全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部でバンビの部に出場、初出場でベスト32(2回戦敗退)の成績を収める[8]。その後、着実に成績を挙げ、2006年(平成18年)7月30日[9]の全日本卓球選手権大会女子バンビの部で優勝[10]2007年(平成19年)2月10日大阪市中央体育館で開かれた第46回大阪国際招待卓球選手権においてバンビ女子の部代表として選手宣誓を務めた[8]

ワンピース仕立てのウェアで注目された[5]第47回大阪国際招待卓球選手権大会(2008年2月)ではカブ女子の部で準優勝を果たす[8]。2009年(平成21年)7月26日の平成21年度全日本卓球選手権女子ホープスの部で優勝[11]。この試合の勝因について浜本は日本卓球のインタビューに対し、「作戦がよかったからだと思います」とコメント、決勝戦4セット目での挽回については覚えてないと答えた[12]。このインタビューでは、次の目標としてカデット優勝を掲げたが[12]2010年(平成22年)11月21日岩手県花巻市総合体育館で開催された平成22年度全日本選手権カデットの部女子13歳以下シングルス[13]を3-0で制し[14]、目標を達成した。

2010年(平成22年)4月9日日本卓球協会強化本部から女子ホープスナショナルチーム(HNT)に指定される[15]2011年(平成23年)1月18日東京体育館で開かれた全日本卓球選手権大会にはジュニア女子シングルスで出場し、高校生を相手に3-0で快勝し、2回戦にコマを進めた[3]。1回戦突破後「目標は優勝です」と語り[6]、ベスト16(5回戦敗退)の成績を収めた[16]。同年、小学校を卒業しJOCエリートアカデミーに入校[17]東京都北区立稲付中学校に進む[18]。これにより卓球に専念することとなり、モデルとしては休業することになった[2]2013年1月18日、中学2年生で全日本卓球選手権大会ジュニア女子決勝に進出し、四天王寺高校2年の松平志穂と対戦し第1ゲームと第3ゲームを取るも、第4ゲームのマッチポイントで松平にエッヂインの判定が下って以降調子を崩し、準優勝となった[19]。2014年5月、重慶で開催された中国スーパーリーグの下部組織の甲Aリーグの河南省のチームに日本人から同じエリートアカデミー所属の平野美宇とともに参戦[20][21]

2015年12月12日現在、世界ランク第50位。同年、稲付中学校を卒業し、大原学園高等学校に進学[22]

2015年12月25日、2016年の世界卓球の日本代表選考会で優勝し女子代表に選ばれ[23]、本大会では銀メダルを獲得した。その際、女子高校生で身長174cm、モデルというルックスと、2016年全日本選手権2016女子ジュニア優勝という実績から、強くて可愛い「ツヨカワ女子高生」としても注目を集めた。また、2015-16シーズンよりドイツ卓球ブンデスリーガベルリン・イーストサイドに加入。2016年9月より日本オリンピック委員会よりネクストシンボルアスリートに選出される[24]

2016年11月ITTFオーストリアオープン決勝で伊藤美誠に敗れ準優勝。

2016年12月発表の世界ランキングで、自己最高(当時)の23位に入る。尚、18歳以下の世界ランキングは、3位。

2016年12月11日ITTFワールドツアーグランドファイナルで、早田ひなとダブルスを組み優勝[25]。日本勢としては、2014年の伊藤美誠平野美宇みうみまコンビ以来2年ぶりの快挙となった。

2016年12月25日世界卓球2017ドイツドュッセルドルフ大会女子選考会で、森薗美咲に敗れ準決勝敗退。

2017年1月発表の世界ランキングでは、自己最高(当時)の22位に入る。

2017年の全日本選手権では同じくJOCエリートアカデミー所属の長﨑美柚と、ダブルスを組むも2016世界卓球代表の若宮ペアに敗れ敗退。また、女子シングルスでは、5回戦で、三宅菜津美(中国電力広島)に敗れ敗退。

2017年2月発表の世界ランキングでは、自己最高の16位に入り、3ヶ月連続で自己最高を更新。3月にエリートアカデミーを卒業し、4月より実業団の日本生命卓球部の所属となる[26]

2017年6月東京体育館で行われたITTFワールドツアージャパンオープンより、石川佳純とダブルスでペアを組む。

2018年4月からTリーグ木下グループに移籍することが報じられ[27]、正式に所属になった。

人物[編集]

5歳からインターナショナルスクールに通い始め、日本語中国語英語の3ヶ国語を話すことができる[17][28]福原愛らを育てた作馬六郎は、「スケールが大きくて20年、30年に一人の選手」と評した[3]また、きゃらめるりぼんゆぅ(レジン作家)の作品を集めている。好きな芸能人は内村光良[要出典]

エリートアカデミーでの生活[編集]

平日は6時10分に起床し、朝練としてランニングを行い、朝食を摂って学校へ通う[29]。17時にアカデミーへ帰って軽食を摂りながら練習を行い、20時からはウェイトトレーニングなどの身体づくり、21時10分以降、入浴洗濯夕食宿題を行い、時間があれば趣味の読書をする[29]。23時に消灯となるため、就寝する[29]。休日は14時まで練習を行い、18時の門限までは外出ができる[7]。エリートアカデミーでは偉関晴光から指導を受けている[7]

エリートアカデミーでは毎週語学の授業を行っているが、入校前から語学力の高かった浜本だけは特別クラスで受講している[17]。語学の講師は「おとなしい性格」と評している[17]

戦績[編集]

  • 2011年
    • チャイニーズ台北ジュニア&カデットオープン カデットの部 シングルス 準優勝
  • 2012年
    • チャイニーズ台北ジュニア&カデットオープン カデットの部 シングルス 優勝
    • 韓国ジュニア&カデットオープン カデットの部 シングルス 優勝
  • 2013年
    • ポーランドジュニア&カデットオープン カデットの部 シングルス 準優勝
    • チェコジュニア&カデットオープン カデットの部 シングルス 優勝
    • 韓国ジュニア&カデットオープン ジュニアの部 シングルス 優勝
  • 2015年
    • ハンガリーオープン U21 優勝
    • 韓国オープン U21 優勝
    • スウェーデンオープン U21 優勝
    • ITTFワールドツアー・グランドファイナル U21 準優勝
  • 2016年
    • ドイツオープン U21 優勝
    • ジャパンオープン U21 準優勝
    • スロベニアオープン U21 準優勝
    • クロアチアオープン U21 準優勝
    • ベルギーオープン 準優勝
    • 韓国オープン U21 優勝
    • オーストリアオープン 準優勝
    • ITTFワールドツアー・グランドファイナル ダブルス(早田ひなペア) 優勝

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 浜本由惟卓球ナビ
  2. ^ a b c d モデル業を捨てた卓球美少女”. Sports Watch. Livedoor ニュース (2011年4月17日). 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e [卓球]172センチのモデル小学生・浜本が快勝デビュー…全日本選手権”. スポーツ報知 (2011年1月19日). 2011年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  4. ^ 日本卓球"浜本由惟選手、伊藤美誠選手大活躍!!"2010年8月10日.(2011年1月20日閲覧。)
  5. ^ a b 四元2世だ!浜本由惟、黄服で魅了/卓球”. ニッカンスポーツ (2008年2月18日). 2010年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  6. ^ a b 卓球全日本選手権:12歳美少女・浜本 高2撃破で大会V宣言!”. 毎日新聞社 (2011年1月19日). 2011年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  7. ^ a b c 3か国語操る才色兼備の卓球美少女”. 2020東京五輪 本紙イチ押しヒーロー&ヒロイン. 東京スポーツ (2013年11月3日). 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e すみよし長居卓球センター/インフォメーション”. すみよし長居卓球センター. 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月20日閲覧。
  9. ^ 日本卓球協会"平成18年度全日本選手権ホープス・カブ・バンビの部(2006.07.30)"(2011年1月20日閲覧。)
  10. ^ 日本卓球協会(2006)"バンビ女子"(2011年1月20日閲覧。)
  11. ^ 日本卓球協会"平成21年度全日本選手権ホープス・カブ・バンビの部(2009.07.26)"(2011年1月20日閲覧。)
  12. ^ a b 日本卓球"INTERVIEW:浜本由惟"(2011年1月20日閲覧。)
  13. ^ 日本卓球協会"平成22年度全日本選手権(カデットの部)(2010.11.21)"(2011年1月20日閲覧。)
  14. ^ 日本卓球協会(2010)"13歳以下女子シングルス"(2011年1月20日閲覧。)
  15. ^ 財団法人日本卓球協会強化本部"ナショナルチーム選手・候補2010(PDF)"2010年4月9日.
  16. ^ 日本卓球協会"浜本 由惟 - 天皇杯・皇后杯 平成 22 年度全日本卓球選手権大会結果速報"(2011年1月21日閲覧。)
  17. ^ a b c d 遠田寛生「国際大会、自分の言葉で伝えたい いま子どもたちは No.689 夢は東京五輪3」朝日新聞2014年3月28日付朝刊、教育面35ページ
  18. ^ JOCエリートアカデミー スタッフ・選手一覧” (2013年1月1日). 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  19. ^ 平成24年度全日本卓球選手権大会4日目⑨ ジュニア女子決勝”. 卓レポ.com (2013年1月18日). 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  20. ^ 世界卓球 - 14歳平野美宇が中国に挑戦!...”. 世界卓球. 2017年2月22日閲覧。
  21. ^ 世界卓球 - 平野美宇、浜本由惟が揃ってシングルスに登場‼...”. 世界卓球. 2017年2月22日閲覧。
  22. ^ 日本卓球リーグ実業団連盟:JOCエリートアカデミー”. 日本卓球リーグ実業団連盟. 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  23. ^ 2016年世界卓球選手権クアラルンプール大会 女子日本代表選考会(2015.12.25)”. 日本卓球協会 (2015年12月25日). 2016年3月6日閲覧。
  24. ^ ネクストシンボルアスリート新規追加契約選手について - JOC、2016年9月21日閲覧
  25. ^ 浜本・早田組が優勝…卓球グランドファイナル - YOMURI ONLINE、2016年12月13日閲覧
  26. ^ 新人2名が加入しました 女子卓球部ニュース - 日本生命、2017年6月5日閲覧
  27. ^ “卓球美少女”浜本由惟、木下グループ移籍でTリーグ参戦 女優・橋本愛似の長身美女 - スポーツ報知、2018年4月1日閲覧
  28. ^ 森合正範"172センチ小6浜本が高校生撃破"中日スポーツ2011年1月19日付.(2011年1月20日閲覧。)
  29. ^ a b c 2020東京五輪へ!メダル夢見る少女たちの「虎の穴(エリートアカデミー)」に潜入”. FRIDAYデジタル. 講談社 (2013年11月8日). 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。
  30. ^ 番組情報 世界一周スポーツの旅”. J SPORTS. 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]