谷岡あゆか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷岡 あゆか Table tennis pictogram.svg
基本情報
よみがな たにおか あゆか
ラテン語表記 Ayuka Tanioka
生年月日 (1994-06-23) 1994年6月23日(25歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県の旗高知県
選手情報
世界ランキング 最高86位(2011年12月)
段級位 5段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット バタフライ特注(合板)
フォア面ラバー テナジー・05
バック面ラバー フェイント・ロングⅢ
戦型 フォア裏ソフト・バック粒高カット型
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 日本体育大学
ITTFワールドツアー戦歴
生涯成績 273試合 187勝 勝率68%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 1
初-最終出場 2011
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

谷岡 あゆか(たにおか あゆか 1994年6月23日 - )は日本卓球選手

人物[編集]

1994年6月23日高知県出身。 日本オリンピック委員会によるジュニア育成システムであるJOCエリートアカデミーの第1期生としてナショナルトレーニングセンターに入所。北区立稲付中学校卒業後、帝京高等学校に進学[1]。ジュニア年代では2008年より代表入り。スペインマドリードで開催された世界ジュニア卓球選手権大会では団体優勝、シングルス、ダブルス3位の成績を収めた。

2010年にシンガポールで開催された第1回ユースオリンピックシンガポールユースオリンピック)では、丹羽孝希青森山田高等学校)とのコンビで混合団体で優勝[2]、2011年の世界選手権に出場し2回戦で石川佳純に敗退、2012年の全日本卓球選手権ではジュニアの部女子シングルスで優勝を飾るなど着実に実績を積み重ねている。

帝京高等学校卒業後はオークワに就職し、女子卓球部に所属[3]日本卓球リーグでプレー。2013年、JOCが次世代のシンボルアスリートとして初制定した「JOCネクストシンボルアスリート」[4]の6選手の1人に選出された。その後オークワを退社し、地元の高知県の卓球スクール・ファーストステップで選手兼コーチを務めていたが[5]、2015年4月に日本体育大学に入学[6]

大学卒業後、サンリツに就職し日本卓球リーグでプレー。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名簿”. 日本オリンピック委員会 (2010年). 2014年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  2. ^ 【ユースオリンピック】8月26日、卓球の混合チームで、丹羽孝希選手・谷岡あゆか選手組が金メダルを獲得 JOCニュース 2010年8月26日付
  3. ^ オークワ女子卓球部が2位 日本リーグ2部”. わかやま新報 (2013年6月25日). 2014年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  4. ^ <2013-2016>JOCシンボルアスリート/ネクストシンボルアスリートについて JOCニュース 2013年2月8日付
  5. ^ 指導陣”. 卓球場&スクール ファーストステップ. 2014年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  6. ^ 入学式 - 卓球部|日本体育大学、2016年7月10日閲覧

外部リンク[編集]