松江シティフットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松江シティフットボールクラブ
原語表記 松江シティフットボールクラブ
呼称 松江シティFC
クラブカラー      黄、    
創設年 2011年
所属リーグ 中国サッカーリーグ
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 島根県松江市
ホームスタジアム 松江市営陸上競技場
松江市営補助競技場
収容人数 24,000人
運営法人 松江シティFC株式会社
NPO法人松江シティスポーツクラブ
代表者 鈴木惠朗
中路修
監督 田中孝司
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
松江シティFC株式会社
種類 株式会社
本社所在地 690-0061
島根県松江市白潟本町30
設立 2017年4月20日
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブ運営
代表者 鈴木惠朗
資本金 850万円
外部リンク http://www.matsue-city.com/
テンプレートを表示
松江シティスポーツクラブ
MATSUE City Sports Club
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
専門分野 教育系 (スポーツ)
設立日 2012年1月16日
代表者 中路修
活動地域 島根県松江市
主な事業 スポーツ振興、地域貢献活動
郵便番号 690-0061
事務所 島根県松江市白潟本町30
主な協力組織 島根県サッカー協会 松江支部
テンプレートを表示

松江シティフットボールクラブ(まつえシティフットボールクラブ、英語: MATSUE City football club)は、島根県松江市を本拠地とするサッカークラブチーム。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

島根県の県庁所在地である松江市をホームタウンとする社会人サッカークラブ。2011年度より島根県サッカー協会松江支部の代表チームとして運営組織の新規立ち上げと合わせ、中国リーグに所属していたヴォラドール松江を母体とした新クラブとして松江シティフットボールクラブが立ち上がる。

松江市の総合運動公園内にあるJFAフットボールセンター認定の松江市営補助競技場[1]を拠点に、サッカーを中心とした総合スポーツクラブ創設の中心チームとして活動し、その先に将来的構想としてJリーグへの加盟を目指している。

松江市内などの子ども向けサッカースクールのコーチとして選手を派遣したり、地域イベントへの参加なども行っている。

2014年以前のホームスタジアムは前述のように松江市営補助競技場であるが、松江市営陸上競技場も併用する他、島根県立浜山公園陸上競技場出雲市)や明石緑が丘公園サッカー場(雲南市)などをホームスタジアムとして利用したこともある。2015年シーズン以降は、松江市営陸上競技場のみを使用し、補助競技場はリーグ戦での試合に使用していない。

二度にわたる改称を経て[編集]

チーム名をそれまでの「松江RMクラブ(友の会)」から「ヴォラドール松江[2] 」と改称した2008年2009年島根県社会人サッカーリーグ1部で優勝。2009年中国地域県リーグ決勝大会で準優勝の好成績を収めて中国リーグに昇格した。中国リーグ昇格初年度となる2010年度は序盤から快進撃を続けて、一時は優勝争いに絡むなどして最終的に3位の成績を残した[3]

2011年は現在の「松江シティフットボールクラブ」として前述のような方法による運営組織の強化一新による新たなスタートを切るものの、前年からの戦力的な上積みが出来なかったことに加えて、新任のコーチによる戦術の徹底に時間を要したことなどによりシーズン序盤から苦しみ、リーグ戦では前年を上回る成績を残せなかった(最終的には7位)。また、中国地区予選を突破したことにより全国社会人サッカー選手権大会にも出場したが、FC岐阜SECOND(岐阜県)に敗れ1回戦で敗退となった。

Jリーグ参入に向けて[編集]

2012年1月16日に新たなチーム運営法人としてNPO法人松江シティスポーツクラブが設立され、今後のチーム運営を行うことが発表された。理事長には、なかじ製菓の代表を務める中路修が経営強化の期待を背負い就任した。また2月1日には、監督としてA級ライセンスを保持している小川秀樹が就任することが発表された[4]。更に、3月には運営法人設立発表の記者会見を開き、その中で2020年までにJリーグ2部に参入したいとする目標を明らかにした[5][6]

2012年デッツォーラ島根を破って初めて天皇杯島根県代表の座を得た。初出場の天皇杯1回戦では山口県代表の徳山大学に0-3で敗退するも、会場となった島根県立浜山公園陸上競技場には1,700名を超える観客が集まり、注目度の高さを窺わせた。中国サッカーリーグではデッツォーラ島根、ファジアーノ岡山ネクストに次ぐ3位だった。

2013年、中国サッカーリーグは4位に終わった。3位のレノファ山口FCとは勝ち点差が18もあり、不本意なシーズンとなった。また、全国社会人サッカー選手権大会の中国予選では1回戦で廿日市FCにPK戦の末敗れた。天皇杯島根県予選では決勝でデッツォーラ島根に0-1で敗れ、天皇杯への連続出場も叶わなかった。

2014年実信憲明山内智裕などJリーグ経験者が加入するなど戦力補強を敢行し、中国サッカーリーグでは初優勝を果たした。しかし、天皇杯島根県予選決勝ではデッツォーラ島根に敗れ、天皇杯出場はならなかった。また、デッツォーラ島根にリーグ戦でも敗れた(連敗した)ことを理由に9月19日付けで小川秀樹監督を解任し、ヘッドコーチであった片山博義が監督代行に就任した。[7]第50回全国社会人サッカー選手権大会では、島根県勢初のベスト8に進出した。JFL昇格をかけて戦う第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会に初出場したが、1次ラウンドで敗退となった。

2015年、監督代行だった片山博義が監督に就任。スポンサー並びにパートナー企業として山陰中央新報社を迎え基盤を強化。チームもJリーグ経験者が新たに5名完全移籍で加入するなど大幅な戦力補強を敢行した。中国サッカーリーグでは、17勝1分の無敗でリーグ連覇を決め[8]谷尾昂也が得点王(他1名と同率)、実信憲明がアシスト王にそれぞれ輝いた。天皇杯島根県予選決勝でもデッツォーラ島根に雪辱を果たし、2012年以来の2回目の出場を決めた。天皇杯では、1回戦でJFLの鹿児島ユナイテッドFCに勝利し、天皇杯初勝利を飾った。2回戦はJ1リーグ川崎フロンターレに0-3で敗れた。第51回全国社会人サッカー選手権大会では、1回戦でアミティエSC京都にPK戦で敗れた。10月6日、島根県サッカー協会の常務理事である鈴木惠朗がゼネラルマネージャー(GM)に就任した。第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会では、昨年に続いて1次ラウンド敗退となった。12月5日、片山博義監督の退任を発表[9]12月29日田中孝司が監督に就任[10]

2016年、松江市営陸上競技場で行われるホームゲーム7試合を有料試合(高校生以下は無料)として開催した[11]。天皇杯島根県予選決勝では、SC松江に快勝し、2年連続3回目の出場を決めた。天皇杯1回戦は、J2リーグファジアーノ岡山に1-4で敗れた。中国サッカーリーグは勝ち点1差の2位に終わり、3連覇を逃した。第52回全国社会人サッカー選手権大会は準々決勝で敗退し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016の出場権を獲得できなかった。

2017年、島根県サッカー選手権大会決勝でデッツォーラ島根に勝利して3年連続4回目の天皇杯出場を決めた。4月20日、松江シティFC株式会社を設立した[12]。経営基盤の強化などが目的で社長には鈴木惠朗GMが就任した。年内にもNPO法人松江シティスポーツクラブから事務を引き継ぐ。天皇杯1回戦は熊本県教員蹴友団に1-0で勝利した。しかし2回戦は、J1のサガン鳥栖に0-3で敗れた[13]。中国サッカーリーグは2年連続で2位に終わったが、金村がリーグ新となる35得点を記録した。優勝した2015年を上回る得点力を見せたものの、勝負どころで勝ちきれなかった[14]第53回全国社会人サッカー選手権大会では、島根県勢で初めて決勝に進出したが鈴鹿アンリミテッドFCに1-2で敗れ準優勝となった。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017では1次ラウンドで敗退となった。

クラブ名変遷[編集]

  • 松江RMクラブ (-2007[15])
  • ヴォラドール松江(2008-2010)
  • 松江シティフットボールクラブ (2011-)

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 天皇杯 監督
2006 島根県
1部
2位 21 10 6 3 1 24 14 10 県予選敗退 -
2007 4位 15 10 5 0 5 26 25 1 県予選敗退
2008 優勝 38 14 12 2 0 43 10 33 県予選敗退 廣瀬康彦
2009 優勝 37 14 12 1 1 58 10 48 県予選敗退
2010 中国 3位 35 18 11 2 5 50 36 14 県予選敗退
2011 7位 18 18 5 3 10 28 37 -9 県予選敗退
2012 3位 38 18 12 2 4 36 25 11 1回戦敗退 小川秀樹
2013 4位 25 18 7 4 7 39 34 5 県予選敗退
2014 優勝 38 18 12 2 4 50 20 30 県予選敗退 小川秀樹(-9月)
片山博義(9月-)
2015 優勝 52 18 17 1 0 70 4 66 2回戦敗退 片山博義
2016 2位 40 18 12 4 2 48 16 32 1回戦敗退 田中孝司
2017 2位 44 18 14 2 2 82 18 64 2回戦敗退

所属選手・スタッフ[編集]

2017年[16]

スタッフ[編集]

役職 氏名 生年月日 出身地 前職 備考
監督 日本の旗 田中孝司 (1955-11-22) 1955年11月22日(62歳) 埼玉県 ベトナムリーグ 組織委員長[17]
コーチ 日本の旗 松本弘樹 (1983-05-30) 1983年5月30日(34歳) 島根県 松江シティFC 選手
コーチ 日本の旗 実信憲明 (1980-05-07) 1980年5月7日(37歳) 広島県 ガイナーレ鳥取 選手 選手兼コーチ

選手[編集]

Pos No. 選手名 生年月日 出身地 前所属 備考
GK 1 日本の旗 本多隆悟 (1983-10-10) 1983年10月10日(34歳) 長崎県 日本の旗 FC鈴鹿ランポーレ
21 日本の旗 船川航司朗 (1994-02-24) 1994年2月24日(23歳) 鹿児島県 日本の旗 V・ファーレン長崎
DF 2 日本の旗 桑田大幹 (1991-05-13) 1991年5月13日(26歳) 大阪府 JAPANサッカーカレッジ 新加入
3 日本の旗 酒井隆也 (1992-05-03) 1992年5月3日(25歳) 神奈川県 日本の旗 アイゴッソ高知
4 日本の旗 種市真太 (1988-12-01) 1988年12月1日(29歳) 埼玉県 日本の旗 ラインメール青森FC 新加入
5 日本の旗 長谷川翔平 (1993-03-01) 1993年3月1日(24歳) 群馬県 オーストリアの旗 SVグラインシュテッテンドイツ語版 新加入
6 日本の旗 久山健太 (1994-05-04) 1994年5月4日(23歳) 千葉県 中央学院大学 新加入
17 日本の旗 出口稔規 (1993-01-05) 1993年1月5日(25歳) 長崎県 IPU FC
20 日本の旗 砂川太志 (1990-01-20) 1990年1月20日(28歳) 沖縄県 日本の旗 FC琉球
26 日本の旗 西島大介 (1989-07-18) 1989年7月18日(28歳) 三重県 日本の旗 AS.Laranja Kyoto 新加入
29 日本の旗 平林卓也 (1992-06-04) 1992年6月4日(25歳) 島根県 日本の旗 デッツォーラ島根EC
MF 13 日本の旗 筒井俊 (1991-03-20) 1991年3月20日(26歳) 東京都 日本の旗 レノファ山口FC
14 日本の旗 長谷優 (1994-06-05) 1994年6月5日(23歳) 島根県 大阪体育大学 新加入
15 日本の旗 平川諒 (1993-08-18) 1993年8月18日(24歳) 大分県 日本の旗 ヴェルスパ大分 新加入
16 日本の旗 山﨑崇史 (1989-08-12) 1989年8月12日(28歳) 兵庫県 桃山学院大学
23 日本の旗 実信憲明 (1980-05-07) 1980年5月7日(37歳) 広島県 日本の旗 ガイナーレ鳥取 選手兼コーチ
24 日本の旗 赤尾凌 (1993-07-12) 1993年7月12日(24歳) 山梨県 日本の旗 ジョイフル本田つくばFC 新加入
25 日本の旗 尾形裕次郎 (1988-11-24) 1988年11月24日(29歳) 鳥取県 ドイツの旗 ヒラル・ベルクハイムドイツ語版 新加入
31 日本の旗 田平謙 キャプテン (1989-01-01) 1989年1月1日(29歳) 島根県 日本の旗 デッツォーラ島根EC キャプテン
FW 7 日本の旗 岡本秀雄 (1983-12-26) 1983年12月26日(34歳) 京都府 日本の旗 アミティエSC京都 新加入
9 日本の旗 西村光司 (1991-06-29) 1991年6月29日(26歳) 北海道 日本の旗 ラインメール青森FC 新加入
10 日本の旗 澁山勇希 (1987-08-29) 1987年8月29日(30歳) 鳥取県 九州産業大学
11 日本の旗 土井拓斗 (1992-10-21) 1992年10月21日(25歳) 埼玉県 日本の旗 FC今治 新加入
39 日本の旗 金村賢志郎 (1993-02-02) 1993年2月2日(25歳) 島根県 日本の旗 FC大阪

歴代所属選手[編集]

タイトル[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      黄、    

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
島根電工 島根電工 2017- 2016年はパンツスポンサー
背中上部 テクノプロジェクト テクノプロジェクト 2013-
背中下部 - - -
山陰中央新報社 山陰中央新報社 2017- 2015-16年は胸スポンサー[18]
パンツ ナカバヤシ ナカバヤシ 2016-

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

  • 2011年 - 現在 : GAViC

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2011 - - 解禁前 - - GAViC
2012
2013 テクノプロジェクト
2014 スポーツ健康都市まつえ 秘密結社 鷹の爪
2015 さんさんクラブ
山陰中央新報社
TOYO SOLAR
東洋ソーラー株式会社
2016 山陰中央新報 - 島根電工株式会社 ナカバヤシ
2017 島根電工 山陰中央新報

下部組織[編集]

  • 松江シティフットボールクラブデルソーレU-15
    • ジュニアユースチーム。2016年4月から松江市内で活動する「デルソーレ松江フットボールクラブジュニアユース」と提携。中国リーグ昇格を目指している[19]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 通称 S-Pitch。人工芝のフィールドや陸上トラックの他、フットサルコートなどを持つ。照明設備も有し、夜間の試合開催にも対応する。
  2. ^ ヴォラドール」とはスペイン語で「トビウオ」(voladore) の意。現在も松江市や周辺区域で実施される少年向けサッカー教室に名前を残している。
  3. ^ クラブの公式サイトによれば、2010年までの歴史は記載されておらず、エンブレムの創設年表記からも明らかなように翌2011年から創設した新しいクラブ、という体裁をとっている。歴史 - 松江シティFC公式サイト
  4. ^ 2012年シーズン監督、コーチ決定のお知らせ 松江シティFC公式サイトニュースリリース 2012年2月1日付
  5. ^ 松江シティFCがNPO 島根 読売新聞 2012年3月4日付
  6. ^ 松江からJリーグ目指す 市民に支援募る 島根 朝日新聞デジタル 2012年3月3日付
  7. ^ 監督解任のお知らせ - 松江シティフットボールクラブ
  8. ^ 最終節では、リーグでこれまで1度も勝ったことのなかったデッツォーラ島根に勝利した。
  9. ^ 片山 博義監督 来季の契約について - 松江シティフットボールクラブ
  10. ^ 田中 孝司氏 監督就任のお知らせ - 松江シティフットボールクラブ
  11. ^ ホームゲーム有料入場実施のご案内 - 松江シティフットボールクラブ
  12. ^ 松江シティFC株式会社設立 J参入へ経営基盤強化(2017年4月21日) - 山陰中央新報
  13. ^ 松江シティ鳥栖に善戦 後半勝負奮闘及ばず(2017年6月22日) - 山陰中央新報
  14. ^ 松江シティシーズン総括 攻撃サッカー成長実感(2017年9月20日) - 山陰中央新報
  15. ^ この間、時期は不詳ながら「松江RM友の会」を名乗った時期もある。
  16. ^ 松江シティフットボールクラブ - 選手&スタッフ紹介
  17. ^ “田中 孝司氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 松江シティFC, (2015年12月29日), http://football.matsue-city.com/pwm/news.html?news_code=2801 2015年12月29日閲覧。 
  18. ^ 2015年は『さんさんクラブ山陰中央新報社』、2016年は『山陰中央新報』で掲出
  19. ^ 松江シティフットボールクラブ - ニュース|プレスリリース|松江シティ FC と U-15 チーム提携について

外部リンク[編集]