日本四大一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本四大一覧は、日本を代表する四つのものの一覧。必ずしもランキングのトップ4というわけではなく、単に著名というだけのものもある。

地理[編集]

四大都市
東京特別区大阪市名古屋市福岡市
四大都市圏
首都圏近畿圏中京圏福岡・北九州圏〜都市圏の場合には政府統計ではこの4つとしている
四大工業地帯
京浜工業地帯中京工業地帯阪神工業地帯北九州工業地帯 ※現在では、北九州工業地帯を除く三大工業地帯と言われることも多い。[1]

上記4つの都市(都市圏・工業地帯)を結ぶエリアを太平洋ベルトと呼ぶ。また、東京 - 名古屋 - 新大阪 - 博多間を東海道・山陽新幹線が直通一本で結んでいる。

歴史[編集]

四大景気
神武景気岩戸景気いざなぎ景気バブル景気(平成景気)
四大財閥[2]
三井財閥住友財閥三菱財閥安田財閥

安田財閥以外の3財閥を三大財閥と呼ぶ[3]

四大[4]
藤原
四大絵巻物[5] 
源氏物語絵巻鳥獣人物戯画信貴山縁起絵巻伴大納言絵詞
平安朝の四大師[6]
伝教大師弘法大師慈覚大師智証大師
国学の四大人[7]
荷田春満賀茂真淵本居宣長平田篤胤
和歌の四天王[6]
頓阿吉田兼好浄弁慶運
国宝四城
姫路城彦根城松本城犬山城
日本四所宗廟(本朝四所)
伊勢神宮石清水八幡宮香椎宮気比神宮

組織[編集]

四大銀行[要出典]
三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行りそな銀行
旧四大メガバンク(但し、三菱とUFJが合併したため、現在は使われない)[8]
三菱東京フィナンシャル・グループみずほフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループUFJホールディングス
四大生保
戦前:日本生命第一生命千代田生命帝国生命 [9]
戦後:日本生命、第一生命、明治安田生命住友生命 [10]
四大監査法人(ただし、みすず監査法人は解散。)[11]
監査法人トーマツ、中央青山監査法人(のち、みすず監査法人)、新日本監査法人あずさ監査法人
四大監査法人
有限責任監査法人トーマツあらた監査法人新日本有限責任監査法人有限責任あずさ監査法人
四大税理士法人
税理士法人トーマツ、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、新日本アーンストアンドヤング税理士法人、KPMG税理士法人
四大法律事務所[12]
西村あさひ法律事務所(旧西村ときわ法律事務所、旧西村総合法律事務所)、長島・大野・常松法律事務所(旧長島・大野法律事務所)、森・濱田松本法律事務所(旧・森綜合法律事務所)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所(旧アンダーソン・毛利法律事務所)
旧四大証券 [13]
野村證券大和証券日興證券山一證券
四大予備校[14]
駿台予備学校河合塾代々木ゼミナール東進ハイスクール
四大バイクメーカー[15]
ホンダスズキヤマハカワサキ
四大鉄鋼メーカー
新日本製鐵JFEホールディングス神戸製鋼所住友金属工業
四大牛丼チェーン[要出典]
吉野家松屋フーズすき家なか卯
四大テレビネットワーク
日テレ系フジ系TBS系テレ朝系列
四大全国紙
読売新聞朝日新聞毎日新聞日本経済新聞
四大総合化学メーカー
三菱ケミカルグループ旭化成住友化学三井化学
四大ビールメーカー
サントリーサッポロキリンアサヒ
四大都市ガス
東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス

その他[編集]

四大公害病[16]
水俣病新潟水俣病イタイイタイ病四日市ぜんそく
四大週刊少年誌[要出典](かつては週刊少年キングを含めた五大週刊少年誌だった)
週刊少年ジャンプ週刊少年マガジン週刊少年サンデー週刊少年チャンピオン

脚注[編集]

  1. ^ 「小学校の社会、中学校の地理 4大工業地帯からの「脱落」」asahi.com、2007年05月02日配信。[1]
  2. ^ 『日本経営史講座』第3巻、日本経済新聞社、1976年
  3. ^ 安岡 重明 「三大財閥の成立過程およびその本社株の公開」『同志社商学』25、同志社大学商学会、1974年3月
  4. ^ 佐藤勇助『家系図の作り方-この一冊で、あなたのルーツを辿る!! 』大館新報社、1997年。など
  5. ^ NHK BS hi「日本の四大絵巻物 ハイビジョン特集『伴大納言絵巻』」2008年1月1日放送
  6. ^ a b 三省堂Web_Dictionary
  7. ^ 『角川新版日本史辞典』など
  8. ^ 産業リサーチ(証券) 4大メガバンクがガリバー野村を包囲 - 東洋経済オンライン2003年6月16日12:04
  9. ^ 武田晴人「戦間期日本資本市場における生命保険会社の投資行動(ディスカッションペーパーシリーズ2009-J-7)」日本銀行金融研究所HP、2009年5月21日。
  10. ^ 猪瀬直樹「ニュースの考古学-口座数五億六千四百万の郵貯の異常性」『週刊文春』47巻6号(通号2314)、2005年2月10日。
  11. ^ 「4大監査法人の監査の品質管理について」日経金融新聞2006年7月3日付
  12. ^ 「長島・大野・常松トップ、日本勢独占-日本企業のM&A法務助言(2)」bloomberg.co.jp、2008年7月1日更新[2]
  13. ^ 生田 盛『転換社債をめぐる四大証券の暗躍―三菱重工,四大証券 総会屋の癒着と対決』地球科学研究所 、1988年
  14. ^ 一橋総合研究所監修 『図解革命!業界地図最新ダイジェスト 2010年版』高橋書店、2009年。
  15. ^ 小関和夫『「陸王」と戦後の国内バイク開発競争』_NIKKEI_NET_日経Wagamaga
  16. ^ 「平成14年度版 図で見る環境白書」[3]