幕末の四大人斬り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幕末の四大人斬り(ばくまつのよんだいひときり)とは、幕末期において暗殺活動を行った尊王攘夷派の4人の志士の呼称。

四大人斬り[編集]

田中新兵衛
(たなか しんべえ、1832年 - 1863年7月11日
薩摩藩出身。島田正辰本間精一郎など、多数の暗殺を行ったとされる。朔平門外の変において姉小路公知暗殺の嫌疑で京都で捕縛され、切腹
河上彦斎
(かわかみ げんさい、1834年12月25日 - 1872年1月13日
熊本藩出身。京都・三条木屋町で佐久間象山を暗殺した。明治維新後、二卿事件への関与や広沢真臣暗殺の嫌疑を理由にされ、斬首。
岡田以蔵
(おかだ いぞう、1838年2月14日 - 1865年7月3日
土佐藩出身。井上佐市郎池内大学など、多数の暗殺を行ったとされる。京都で捕縛、土佐にて拷問の末に一連の天誅を自白し、打ち首獄門
中村半次郎(桐野利秋)
(なかむら はんじろう、1838年12月 - 1877年9月24日
薩摩藩出身。京都・東洞院通りで赤松小三郎を暗殺した。明治維新後、西南戦争において反乱軍として政府軍と交戦の末、額に銃弾を受け戦死。

参考文献[編集]