天野哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天野 哲夫(あまの てつお、1926年3月19日 - 2008年11月30日)は、日本の小説家。覆面作家沼正三の著作として出版された奇書『家畜人ヤプー』について、作者であると告白したことで知られる。

略歴[編集]

福岡市出身。校正者として新潮社に勤務しながら小説を執筆、沼正三の代理人を名乗っていたが、1982年、自身が『家畜人ヤプー』の作者のひとりであると公表。しかし、その真偽や関与の程度をめぐってはなお論争がある。なお、沼正三の著作のうち、『家畜人ヤプー』の後半部分や、『マゾヒストMの遺言』の著者は天野であることが確かとされる。国会図書館では沼正三と同一人とされている。天野名義でも小説などを刊行している。

2008年11月30日、肺炎のため82歳で死去。

著書[編集]

  • 人斬り彦斎 小説河上彦斎 久保書店 1966年
  • 異嗜食的作家論(編著)芳賀書店 1973年
  • 禁じられた女性崇拝 芳賀書店 1973年
  • 女帝ジャクリーンの降臨 立風書房 1974年
  • 女神のストッキング エロスの反宇宙 工作舎 1981年
  • 女神の棲む闇 出帆新社 1981年
  • 禁じられた青春 創樹社 1987年
  • 骷髏(クウロウ)女怪幻譚 二見書房 1995年(「クウ」の字は「骨偏に古」)
  • 狂気にあらず!? 「パリ人肉事件」佐川一政の精神鑑定 コリン・ウィルソン、佐川一政共著 第三書館 1995年
  • 勝手口から覗いた文壇人 第三書館 1997年
  • 女主人(ドミナ)の鞍(サドル) 第三書館 1998年(ある異端者の随想録 1)
  • 三者関係の罠 第三書館 1998年(ある異端者の随想録 2)
  • わが汚辱の世界 毎日新聞社 1999年
  • 犬になった老人の死 パラダイム 2001年