井上佐市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 佐市郎(いのうえ さいちろう、天保5年(1834年) - 文久2年8月2日1862年8月26日))は、幕末土佐藩士。桐雨と号した。名は佐一郎とも。

生涯[編集]

家柄は下士の足軽であったが、土佐藩参政・吉田東洋に認められて下横目の役職を与えられる。文久2年(1862年)藩主・山内豊範の参勤に従って上洛するが、吉田東洋が土佐で暗殺された事を知るやその犯人の探索に当たる。しかしその行動が下手人であった土佐勤王党に危険視され、同年、勤王党員に酒を飲まされたその帰途、岡田以蔵らによって絞殺された。 墓所は高知県高知市秦泉寺にある。

関連作品[編集]

関連項目[編集]