成ブン線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
China Railways.svg 成汶線
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
起点 青白江駅
終点 蒲陽駅
所有者 中華人民共和国交通運輸部
運営者 成都鉄路局
路線諸元
路線距離 59.51 km
軌間 1,435 mm
最高速度 60 km/h
路線図
CONTg
 宝成線に接続、成都駅方面 方面
HST
0 青白江駅
CONTgq ABZgr
 宝成線に接続、宝鶏駅方面 
eABZgl exCONTfq
 成蘭線に接続、蘭州東駅方面 
BST
10 濛陽鎮駅
BST
18 清流場駅
BST
30 彭県駅
BST
36 麗春駅
BST
41 譚家場駅
BST
60 蒲陽駅
ENDEe
テンプレートを表示
成汶線
各種表記
繁体字 成汶鐵路
簡体字 成汶铁路
拼音 Chéngwèn Tiělù
テンプレートを表示

成汶線(せいぶんせん、中文表記: 成汶铁路)、別名青灌線(せいかんせん)は、中国国鉄の全長59.51kmの宝成線支線の鉄道路線である。

概要[編集]

成汶線は1959年に青白江駅を起点に建設が開始された。当初は汶川まで建設される予定であったが、都江堰汶川間は地形が複雑だったため、この区間の建設は中止され、1960年に蒲陽駅(旧都江堰駅)まで建設され、成汶線の名称のまま運営された。

かつて、彭州から白水河までは、狭軌(軌間762mm)の支線(彭白線)があり、主に石炭を輸送していたが、現在は廃止されている。

現在、成汶線は主に貨物線として利用され、全線で最高速度は60km/hに制限されている。2008年5月12日の汶川大地震では設備に大きなダメージを受けたが、5月14日に復旧した[1]

参考资料[編集]

  1. ^ 齐中熙:《成汶线14日上午恢复通车》。新华网报道,2008年5月14日,新华时政。http://news.xinhuanet.com/newscenter/2008-05/14/content_8167810.htm, (簡体字中国語)