富士500km

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士500km(ふじ500キロメートル)は、毎年5月上旬(ゴールデンウィーク)に富士スピードウェイで行われる自動車レース。現在はSUPER GTのシリーズ戦の1つとなっている。

概要[編集]

1971年8月に、富士グランチャンピオンレース第3戦として開催されたのが最初となる。以降、1974年にMSCC(マツダスポーツカークラブ)主催で開催。1977年から富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)の1戦として毎年開催されるようになった。スポーツプロトタイプカーツーリングカーなど様々な車両カテゴリーが参戦し、1983年からはグループCの時代を迎える。1985年からは全日本耐久選手権(後のJSPC)の1戦としても開催されるようになり、国際格式となった。主催者もFISCOクラブから再びMSCC(とVICICの共催)となった。しかし1992年はMSCC開催イベントも1000kmレースとなり(この年は富士1000kmが2回開催された)、富士500kmは開催されなかった。翌1993年以降はJSPCの崩壊、景気後退で暫く中断する。2001年からは全日本GT選手権(JGTC)のイベントとして組み込まれ富士500kmは復活した。現在はその後継のSUPER GTへと引き継がれている(但し2009年から2011年までは景気後退、東日本大震災の影響でレース距離は400kmに短縮された。2012年から500kmレースは復活している)。

なお、1982年は11月開催の富士500マイルが雨天の影響で順延となったGCとのダブルヘッダーとなったため500kmに短縮され、この年は富士500kmが2回開催された。またツーリングカーレースの国際イベント、インターTECも1987年から1993年までは500kmレースとして開催された。

2005年まではJGTC・SUPER GTにおいてシリーズ一の長丁場レースでもあった(2006年から2017年までは鈴鹿1000kmがシリーズに統合、2018年からは富士での第5戦が500マイルレースとして開催予定)。鈴鹿1000kmとは違い、ドライバーは原則2名だが、タイヤの磨耗度や燃費などの問題により、2ストップ制を採用するチームがほとんどである(2009年に義務化)。GT300の一部のチームは1ストップ制を採用するチームもあった。GT500でも、2008年度に23号車の本山哲ブノワ・トレルイエ組の[ザナヴィ・ニスモ 日産GT-Rが115kgのウエイトハンデと80kgの特別性能調整を抱えており、ライバル陣とはまともにやりあえないため、低燃費走行・ハードタイヤの選択によって1ストップ制を採用するという光景もみられた。

歴代優勝車/ドライバー[編集]

インターTEC[編集]

  • 1987年 フォード・シエラRS500(ルドウィッヒ/ニーツヴィーツ)
  • 1988年 フォード・シエラRS500(ニーツヴィーツ/横島久)
  • 1989年 フォード・シエラRS500(ニーツヴィーツ/モファット)
  • 1990年 日産・スカイラインGT-R(星野一義/鈴木利男)
  • 1991年 日産・スカイラインGT-R(星野一義/鈴木利男)
  • 1992年 日産・スカイラインGT-R(オロフソン/木下隆之
  • 1993年 日産・スカイラインGT-R(横島久/クリステンセン

JGTC・SUPER GT GT300[編集]

富士マイスター[編集]

立川祐路はこのシリーズを得意としており、2001年では決勝2位、2002年では決勝1位、2003年は予選1位を獲り、2005年に決勝1位を獲得している。しかし、近年はマシンの特性により、いい成績を飾ることができていない。しかし、2017年に富士500kmでは自身9年ぶり、レクサス陣営としては2013年第6戦以来4年ぶりの富士スピードウェイでの勝利を手に入れた。

関連項目[編集]