ルアタンギ・侍バツベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルアタンギ・侍バツベイ(ルアタンギ・さむらい・バツベイ、Luatangi Samurai Vatuvei、1977年12月8日 - )はトンガ王国出身のラグビー選手。190cm、120kg(実際は140kg以上あると言われている)。本名は「ルアタンギ・バツベイ(Luatangi Vatuvei)」 という。

パナソニックワイルドナイツ日本代表でプレーし、豊田自動織機シャトルズに在籍するバツベイ・シオネは弟。

経歴[編集]

人物[編集]

  • ポジションはロック(LO)またはナンバーエイト(No8)
  • 2006年8月、日本国籍を手に入れた。本人曰く、「来日してからのあこがれだった。」という、映画「ラストサムライ」に感銘を受け「侍」の文字を自分の名前に冠して、日本では「ルアタンギ・侍バツベイ」を名乗るようになったとのこと。
  • 本名の「ルアタンギ・バツベイ」 は「ルアタンギ」が名、「バツベイ」が姓であるのに対し、日本での戸籍名は姓が「ルアタンギ」で名が「侍バツベイ」なのだが、メンバー表等には「侍バツベイ」と記載されることが多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]